レクサス 初代CTのラゲッジルームはリアシートを倒さなくてもゴルフバッグが載る大容量!

レクサス 初代CT

レクサス 初代CT(ZWA10-AHXBB/ZWA10-AHXEB型)のラゲッジルーム(荷室)の広さについてご紹介します。

レクサス初のハッチバック、そしてハイブリッド専用車として2011年に登場した初代CTは、ハッチバックとしてもコンパクトハイブリッドとしても人気の高い1台です。

今回はそんな初代CTのラゲッジルームの広さと、それを支える機能について詳しく見ていきます。

Chapter
レクサス 初代CTは、1代で10年以上続いている近年では異例のクルマ
レクサス 初代CTのラゲッジルームの広さは大容量!
レクサス 初代CTの広いラゲッジルームを支える機能

レクサス 初代CTは、1代で10年以上続いている近年では異例のクルマ

レクサス CTは2011年から現在に至るまで、10年間フルモデルチェンジされずに市場に残っている異色のクルマです。

マイナーチェンジで変更点はいくつか出てはいるものの大きな変化はなく、約10年間ほぼ同じ形で製造販売されています。かつては1台で長く市場に存在していたクルマも多くありましたが、近年のモデルは頻繁にフルモデルチェンジが行われることが多く、その中で長く生き残っているのです。

大きさは2017年のマイナーチェンジ以降で全長4,355mm×全幅1,765mm×全高1,460mmとなっています。大きく異なるのは全長ぐらいで、それでも30mm程度と特筆して大きさが変わったと言えるほどの差異ではありません。

マイナーチェンジではインターフェースの向上に主眼が置かれており、インパネ周辺には運転とそれ以外の操作を切り分けた装備が施されているのが特徴です。

ステアリングにボタンが集中していることはもちろん、センターにはリモートタッチが配置されているため、左手でナビゲーション操作もできます。

レクサス 初代CTのラゲッジルームの広さは大容量!

レクサス CTはハッチバックというジャンルに含まれるクルマです。

その容量は375Lと非常に大容量で、通常ゴルフバッグを積むために倒さないといけないリアシート(後席)を、倒すことなく積み込むことができるのです。

ラゲッジルームのフロアはフルフラットなので、どんなものでも積み下ろしが楽です。また、これだけの容量があるので、遠出のために荷物が多くなっても安心して荷物を載せることができるのです。


コンパクトハイブリッドの中では大きなラゲッジルームを備えていることでも、CTの評価は高いです。

コンパクトハイブリッドの代名詞的存在である日産 ノートと比べてもその差は50Lとかなりの差です。

ただのコンパクトハイブリッドでもないのが、CTの人気の理由なのかもしれません。

<次のページに続く>
次ページ
レクサス 初代CTの広いラゲッジルームを支える機能