ジープの伝統と新しさを融合させたレネゲードのエクステリア(外装)デザイン【プロ徹底解説】

ジープ レネゲート

ジープブランドの最新モデルとして導入されたレネゲード。

フロントマスクの7スロットルグリルや台形のホイールアーチなど、ジープブランドのDNAを受け継いだコンパクトSUVです。

このレネゲートのデザインとマイナーチェンジによる変更ポイントを紹介します。

文・写真/萩原 文博

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
Chapter
ジープ伝統のパワフルな佇まいと4WDを受け継ぎながらも、市街地走行に適したボディサイズをキープ
ジープ レネゲードのエクステリアは、ジープの伝統を受け継いだデザイン
ジープ レネゲードのサイドビューは、台形のホイールアーチが目立つ
ジープ レネゲードのリアビューには、デザインテーマである「X」のマーク

ジープ伝統のパワフルな佇まいと4WDを受け継ぎながらも、市街地走行に適したボディサイズをキープ

レネゲードのコンセプトは「アーバンサイズ。アドベンチャークラス」。

ジープ伝統のパワフルな佇まいと4WDを受け継ぎながらも、市街地での走行に適したボディサイズを維持しつつ、多目的性・機動性・高級感も進化しています。

最大の特徴は、野性的なボディフォルムとアグレッシブなプロポーションによる斬新なエクステリアデザインです。

ジープ レネゲードのエクステリアは、ジープの伝統を受け継いだデザイン

レネゲードのエクステリアデザインは、1941 年に誕生した初代ジープであるJeep Willys(ジープ・ウィリス)からインスピレーションを受けた、ジープ伝統の丸いヘッドライトと7スロットグリルが特徴です。

マイナーチェンジでフロントフェイシアの色やデザインが一新され、より精悍な佇まいへと進化しました。

さらにフロントヘッドライトとリアコンビネーションランプは、新型ラングラーにインスピレーションを得たアイコニックな意匠に変更、モダンな表情に変わっています。

ジープ レネゲードのサイドビューは、台形のホイールアーチが目立つ

レネゲードのサイドビューはショートオーバーハング、台形のホイールアーチが際立ちながらも、ジープの新しい時代の幕開けすら感じさせる新鮮なスタイリングを採用しています。

マイナーチェンジで、ドアミラーの色がシルバーからグレーに変更されたほか、ホイールデザインも一新され、よりタフさが際立つデザインとなりました。

ジープ レネゲードのリアビューには、デザインテーマである「X」のマーク

テールランプやルーフなどさまざまな場所に使われている「X」のマーク。

これは、1940年代に米軍がガソリン運搬用に使用したジェリー缶の表面に描かれたマークが基となっており、レネゲードのデザインテーマとなっています。

ジムニーやRAV4といった国産車でも直線的なデザインのSUV人気が高まっていますが、このジープレネゲートはまさに正統派のタフギア感を演出したエクステリアデザインとなっています。

特に、伝統の丸目のヘッドライトと7スロットルグリルはジープブランドであることがひと目でわかります

これほど個性的なコンパクトSUVはほかにありません。

商品詳細