【プロ解説】ジープレネゲードを徹底評価…良い点や欠点などを試乗レビュー!

ジープ レネゲート

ジープブランドのコンパクトSUV、レネゲード。プラグインハイブリッド車も追加され存在感を増しています。

しかし、今回試乗したのはレネゲードの中で最もアクティブなモデルとなるガソリンエンジン4WD車の「トレイルホーク」。

悪路走破性に磨きを掛けたモデルを、あえてオンロードのみで試乗しました。

文・写真/萩原 文博

Chapter
ジープ レネゲードの中でも「トレイルホーク」は悪路走破性の高いモデル
ジープ レネゲードのインテリアは機能性と利便性を考慮して設計されている
「トレイルホーク」に搭載されるエンジンは専用にチューニングされた1.3Lターボ
ジープ レネゲードの乗り心地は意外にもソフト
ジープ レネゲードのエクステリアは、直線を基調とした無骨なデザイン
ジープ レネゲードに試乗して気づいた不満点は?

ジープ レネゲードの中でも「トレイルホーク」は悪路走破性の高いモデル

今回試乗したのは、ジープレネゲードの中で最も悪路走破性の高い4WD車の「トレイルホーク」です。

「トレイルホーク」の特徴は、マットブラックのボンネットデカール、ダークグレーグリル、専用のフロントフェイス、ブラックアクセント付きの17インチアルミホイールと、マッド&スノータイヤなど特別なエクステリアが用意されていることです

ジープ レネゲードのインテリアは機能性と利便性を考慮して設計されている

黒を基調にシルバーとレッドをアクセントカラーに使用したインテリアは、スイッチ類を機能別にまとめ、使用頻度の高いものを高い位置にレイアウトしています。

シートポジションが高く設定されているため非常に視界は良好で、ボンネットフードも見えるのでクルマの四隅を確認しやすいのが特徴です。

オーディオなどの操作はステアリングに設置されたスイッチで操作可能なので、走行中でも目線の移動が少なく済みます。

助手席の座面下には収納スペースが確保されているなど、利便性の高さもポイントです。

「トレイルホーク」に搭載されるエンジンは専用にチューニングされた1.3Lターボ

搭載する1.3L直列4気筒ターボエンジンは「トレイルホーク」専用にチューニングされ、最高出力は179psと2WD車より28psアップ。

最大トルクは270Nmを発生します。

車両重量1,570kgとやや重めですが、搭載されている9速ATにより非常にスムーズな加速性能を発揮します。

ジープ レネゲードの乗り心地は意外にもソフト

見た目はゴツいイメージのジープレネゲードですが、乗り味は非常にソフト

今回はオンロードのみの試乗でしたが、路面のつなぎ目やアンジュレーションなどの入力をいなし、非常に穏やかな乗り味です。

サスペンションがストローク(伸び縮み)をしっかりとしてくれるので、どんな路面状況でもソフトで振動の少ない乗り心地が特徴です。

ジープ レネゲードのエクステリアは、直線を基調とした無骨なデザイン

国産車のRAV4をはじめ、最近では直線基調の武骨なデザインのSUVが人気となっています。

このレネゲードはコンパクトSUVの中ではラングラー譲りの直線基調のデザインを採用しており、本格的な悪路走破性を備えたモデルです。

中でもこの「トレイルホーク」はボディカバーにアンダーカバーを装着するなど、アウトドアライフを楽しむ人にはピッタリのクルマです。

ジープ レネゲードに試乗して気づいた不満点は?

まずは、1,805mmの全幅最小回転半径が5.5mとやや大きめなため、あまり小回りが利かないことです。

そして、もう1つは運転支援システム。2WD車のリミテッドにはアダプティブクルーズコントロールが搭載されていますが、このトレイルホークにはクルーズコントロールとなります

そのほか車線逸脱警報や全面衝突警報、リアバックアップカメラなどが採用されていますが、最近のトレンドから比べるとかなり物足りない内容です

確かに悪路走破性の高さは魅力ですが、運転支援機能の充実を図らないと多くの人に支持されないと思います。

マッド&スノータイヤを装着しているものの、街乗りでの快適さは全くスポイルされていないのが魅力的でした。

無骨な見た目でありながら、サスペンションがしっかりと動きソフトな乗り心地を実現しているというギャップに心を奪われてしまいます。

バックカメラは小回りが利かない分、非常に重宝しました。

そしてこのエクステリアは「トレイルホーク」以外にはない魅力なので、クルマを見た目で選ぶ人には指名買いとなりそうなクルマです。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博
商品詳細