【プロ解説】ソリオ/ソリオ バンディットのグレードの違いを徹底解説!!

スズキ ソリオ バンディッド ハイブリッド MV

現行型ソリオは、プレーンなデザインを採用した標準車のソリオと、押し出し感を強めたソリオ バンディットの2タイプが設定されています。

グレード構成はソリオが3グレード、ソリオ バンディットは1グレードです。

それでは、それぞれのグレードの違いをご紹介します。

文・写真/萩原 文博

最上級グレードの「ハイブリッドMZ」は、快適に室内で過ごすことができる満足度の高いグレード

ボディサイズ:全長3,790mm×全幅1,645mm×全高1,745mm
エンジン種類:1,242cc 直列4気筒DOHC
最高出力:91ps/6,000rpm
最大トルク:118Nm/4,400rpm

標準車ソリオの最上級グレードにあたる「ハイブリッドMZ」は、車両本体価格は2WD車が202万2,900円、4WD車は214万8,300円となります。

ヘッドランプはLEDとなり、さらにLEDフロントフォグランプも装備。ドアミラーにはLEDサイドターンランプが装着されます。

ハンドルは触り心地にもこだわった本革巻きを採用。フロントガラスはプレミアムUV&IRカットガラス・IRカット機能付ガラスを採用し、日焼けから肌を守ってくれます。

室内を快適にする装備として、車内の空気を循環させるスリムサーキュレーター、利便性の高い罠クションパワースライドドア、そして安全装備ではヘッドアップディスプレイも標準装備とするなど利便性、機能性ともに満足度の高いグレードとなっています。

存在感の強いスタイリングを採用した「ソリオ バンディット」

ボディサイズ:全長3,790mm×全幅1,645mm×全高1,745mm
エンジン種類:1,242cc 直列4気筒DOHC
最高出力:91ps/6,000rpm
最大トルク:118Nm/4,400rpm

押し出し感を強めて、存在感を高めた外観デザインを採用しているのが「ソリオ バンディット」です。

こちらは「ハイブリッドMV」という1グレードのみ設定されており、車両本体価格は2WD車が200万6400円、4WD車は213万1800円となっています。

装備内容は「ハイブリッドMZ 」とほぼ同じですが、右側ワンアクションスライドドアはオプションとなっているほか、ボディカラーがモノトーンに加えて、ツートーンカラー仕様もオプションで設定されています。

利便性の高い両側パワースライドドアを標準装備しているのは「ハイブリッドMZ」のみで、このグレードはヘッドアップディスプレイやスリムサーキュレーターなど快適装備が満載となります。

価格は200万円オーバーとなりますが、装備の充実度を考えると満足度の高いグレードと言えるでしょう。

また、スタイリングで存在感のある「バンディット」も用意されており、人とは違った個性を楽しみたいユーザーにとっては嬉しいポイントでしょう。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博