シートアレンジに優れるルーミーか、荷室を10cm拡大したソリオか?両車をジャーナリストが徹底比較

ソリオ ルーミー Ver.2

スズキ ソリオトヨタ ルーミーは背の高いパッケージングの小型車として、ガチンコのライバル関係にあるモデル。

前者はスズキでもっとも多く売れている登録車(いわゆる普通車)、後者は兄弟車のトヨタ タンク 、ダイハツ トール、そしてスバル ジャスティとあわせて同一のボディとしてカウントすれば、2020年に日本で2番目に売れた乗用車となるなど、きわめて人気の高い車種です。

そんな2台の違いはどこにあるのか。今回は、マニアックな視点から両車を比べて見ましょう。

Chapter
ソリオの方がリアドアの開口部が大きいものの、気の利いた装備はルーミーの方が多い
後席のシートアレンジの実用性ではルーミー、快適性ではソリオに軍配が上がる
ラゲッジスペースにはソリオとルーミーのパッケージングの違いが大きく表れている
快適装備や便利な収納はいずれも充実しているが、細かい装備内容は異なる

ソリオの方がリアドアの開口部が大きいものの、気の利いた装備はルーミーの方が多い

▲ルーミーのリアドア

まずは後席に乗り降りするリアドア。いずれもスライド式で、電動開閉機能も用意しています。どちらも高い天井と低い床(地面に対するステップの高さはソリオが365mmでルーミーは366mm)の組み合わせで乗り下ろしやすいものですが、比べてみると若干の違いが。

ソリオの開口部は天地1220mm×幅640mmなのに対し、ルーミーは1216mm×597mmとわずかの差とは言えソリオのほうが広く確保されています。

▲ソリオのリアドア

いっぽうで、ルーミーはBピラーに備わるグリップが天地に長いから背の高さを問わず大人も子供も掴みやすいこと、ドアを開くとドアの断面に備わるライトが点灯して足元を照らし夜の乗り降りをサポートしてくれる、など気の利いた装備でリード。

▲ルーミーの乗降用大型アシストグリップ

そのうえ、電動スライドドアの便利機能として、あらかじめ降車時にスイッチを押すことで、クルマに戻った際には近づくだけで自動的にスライドドアが開く「ウェルカムパワースライドドア」も備わっているのは、ソリオに対するアドバンテージです。

またルーミーのほうが電動スライド機能を標準装備するグレードが多いことも含め、スライドドア周辺に関しては「広さでソリオ、機能の充実でルーミー」と判断できます。

後席のシートアレンジの実用性ではルーミー、快適性ではソリオに軍配が上がる

▲ソリオの後席

後席に乗り込むと、どちらもゆったりと足を組める、あきれるほど広い空間が自慢。これは他のコンパクトカーを圧倒する、甲乙つけがたい実力です。

いっぽう、シートには若干の違いが。どちらもスライドやリクライニングを備えますが、ソリオが左右50:50分割なのに対して、ルーミーは60:40分割なのです。

 

▲ルーミーの後席

それが使い勝手としてどう違ってくるかというと、ソリオは片側を倒すと後席には1人しか座れなくなってしまいます。

いっぽうでルーミーは、狭い側(助手席側)だけを倒せば、残された運転席側に(実際にはかなり横幅が狭いが法律上は)2人掛けが可能。

そこがリアシートの大きな違いです。

▲ソリオの後席センターアームレスト

いっぽうで、ソリオにはルーミーにはない後席センターアームレストを採用。

シートアレンジの実用性ではルーミー、快適性ではソリオが優勢といっていいでしょう。

ちなみにどちらも、かなり大きくリクライニングするので大人2人がゆったり車中泊できますね。

<次のページに続く>
次ページ
ラゲッジスペースにはソリオとルーミーのパッケージングの違いが大きく表れている

工藤 貴宏|くどう たかひろ

1976年生まれの自動車ライター。クルマ好きが高じて大学在学中から自動車雑誌編集部でアルバイトを開始。卒業後に自動車専門誌編集部や編集プロダクションを経て、フリーの自動車ライターとして独立。新車紹介、使い勝手やバイヤーズガイドを中心に雑誌やWEBに執筆している。心掛けているのは「そのクルマは誰を幸せにするのか?」だ。現在の愛車はルノー・ルーテシアR.S.トロフィーとディーゼルエンジン搭載のマツダCX-5。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。

工藤 貴宏

伊藤 梓|いとう あずさ

クルマ好きが高じて、グラフィックデザイナーからカーグラフィックの編集者へと転身。より幅広くクルマの魅力を伝えるため、2018年に独立してフリーランスに。現在は自動車ライターのほか、クルマを題材にしたイラストレーターとしても活動中。FMヨコハマで放送中の「The Motor Weekly」では、番組パーソナリティも務め、その経験を活かし、自動車関係の動画やトークショーなどにも出演している。

伊藤 梓