アルファロメオ 3代目ジュリエッタ(7BA-94018P型)の特別仕様車「VELOCE SPECIALE」を紹介

アルファロメオ 3代目ジュリエッタ

アルファロメオ 3代目ジュリエッタ(7BA-94018P型)の特別仕様車である、「VELOCE SPECIALE」をご紹介します。

2021年に生産終了される3代目ジュリエッタから、全国で限定65台が販売されるモデルで、ジュリエッタの最終章と銘打たれたスペシャルな1台です。世界に誇る名車の最終系である3代目ジュリエッタの特別仕様車ですが、いったいどのようなクルマなのでしょうか。

3代目ジュリエッタの特別仕様車について、詳しく見ていきましょう。

Chapter
アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車はエクステリアがよりおしゃれに!
アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車のインテリアもよりハイクラスに!
アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車はエキゾーストシステムが進化!

アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車はエクステリアがよりおしゃれに!

アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車は、ベースモデルと異なる点がいくつかあります。まずはエクステリア(外装)から見ていきましょう。

ボディカラーは、アノダイズド・ブルー、ルナ・ホワイト、エトナ・ブラックの3種類ですべてメタリック仕上げとなっています。ベースモデルの代表カラーであったアルファレッドはラインナップされていません。しかし、それを何とも思わせないエクステリアが、各所に施されているのです。

クルマの顔となるフロントグリルは、ダークミロン仕上げからカーボン仕上げに変更されています。カーボン仕上げのエクステリアはほかにもあり、ミラーハウジングやサイドスカートなど、随所に使われており、より特別感を醸し出しています。

また、カーボン仕上げをより際立たせるため、フロントグリルインサートはイエローになっているのです。

また、ブレーキキャリーパーもブレンボ社製のものを採用しており、見た目だけではなく機能面にも優れています。キャリパーのカラーはイエローで、ベースモデルのレッドとは異なるアクセントが加えられているのです。どのボディカラーでも、アクセントのイエローが映えるようになっています。

アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車のインテリアもよりハイクラスに!

続いて、アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車のインテリア(内装)に注目していきましょう。

エクステリアと同じく、インテリアにもイエローがあしらわれています。シフトレバーブーツやフロアマットはもちろん、ハンドブレーキゲイターにもイエローステッチングが施されており、インテリアの基本カラーであるブラックに映えるようにされているのです。ゴールドではなくイエローなので、けばけばしいいやらしさもありません。

インテリアの基本カラーは、インパネを除いてすべてブラックです。インパネはマットグレーとブラックの2種類のラインナップであり、どちらを選んでもシックなインテリアであることに変わりはありません。シートもレザーなので、シックなブラックとアクセントのイエローと相まって、高級感が抜群なのは言うまでもないでしょう。

そのほか、ハンドルにはオーディオコントローラー付きスポーツレザーステアリングを採用しています。こちらもイエローステッチングが施されているため、インテリアの中で浮いてしまうこともありません。ベースモデルよりも高級感あふれるインテリアは、注目に値します。

アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車はエキゾーストシステムが進化!

アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車には、特別なエキゾーストシステムが装備されています。

ベースモデルである「VELOCE 1750 TBI」では、ダークミロン仕上げのスポーツタイプエキゾーストパイプとフィニッシャーが採用されていました。

特別仕様車である「VELOCE SPECIALE」では、マレリ社製のスポーツエキゾーストシステムが採用されています。このシステムの採用で、アグレッシブかつ刺激的なサウンドを実現しているのです。

また、リアディフューザーインサートもイエローにカラーチェンジされています。アクセントを随所にあしらった特別仕様車は、どこも手を抜いていないことがよくわかります。

気になるのはエンジンの機能や燃費性能でしょう。エキゾーストシステムが変更されたことにより、エンジン性能がフルに出せるのか、燃費がどうなっているかは気になる人もいるでしょう。

エンジンサウンドと引き換えにこれらが犠牲にされることはよくある話ですが、3代目ジュリエッタの特別仕様車ではその心配はありません。ジュリエッタ本来の走りを守りつつ、特別に仕上げられた1台なのです。

アルファロメオ 3代目ジュリエッタの特別仕様車について紹介してきました。

限定生産で65台しか手に入らない限定モデルには、アルファロメオらしい工夫が凝らされていることがわかりました。

ベースモデル含めて、3代目ジュリエッタが手に入れられるのは時間の問題です。この機会に、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

※ 2021年4月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK