トヨタ 新型MIRAI(JPD20-CEDHS/JPD20-CEDSS型)のインパネは機能が充実

トヨタ 新型MIRAI

トヨタ 新型MIRAI(JPD20-CEDHS/JPD20-CEDSS型)は、世界初のセダン型の水素自動車です。

初代は2014年に発売、2代目は2020年にフルモデルチェンジが行われたと同時に、グッドデザイン賞を受賞しました。

販売台数は2020年時点で、世界中で約1万台の販売を記録しました。

そんな注目されている新型MIRAIは、インパネ機能が充実しています。

今回は、新型MIRAIのインパネ機能について紹介します。

トヨタ 新型MIRAIはインパネ以外にも多彩な機能が充実!

トヨタ 新型MIRAIは、インパネ以外にも多彩な機能が充実しています。

リアシート(後席)は、本革シートを使った高級感のある空間となっています。

アームレスト部分には、エアコンやオーディオ操作ができるコントロールパネルが装備されており、車内の温度やオーディオの音量を操作することができます。

リアシート上部には、シートアシストグリップが装備されているため、視界の悪い夜やセダンでの乗り降りがしにくい方でも安心して乗降することができます。同時に、ドリンクホルダーも装備されているため、場所を取らずにドリンクを置くことができます。

フロントシート(前席)のセンターコンソール部分には、リアシート用のエアコン吹き出し口とともに、1500Wのコンセントやスマートフォンを充電できるUSBポートが2ヶ所設置されています。

また、ラゲッジルーム(荷室)はフラットで広々としており、ゴルフバッグを3個収納可能です。日常の買い出しや荷物を多く積み込むレジャーにも対応できる収納となっています。

トヨタ 新型MIRAIのインパネは、近未来的な設備と運転のサポートをしてくれる機能が搭載されています。

インパネに搭載されたこだわりは運転席だけではなく、リアシートにもパネルが設置してあることで、車内の空調設定など運転中のサポートを行うことができます。

運転しながら環境にも配慮してくれるクルマは、水素自動車ならではの特徴でしょう。

徐々に水素ステーションも増えていることから、これからのクルマとしてさらに注目されるでしょう。

※ 2021年4月現在

吉田 恒道|よしだ つねみち

1980年代、大学卒業後ファッション・モード専門誌「WWD Japan」編集部勤務を皮切りに編集者としてのキャリアを積む。その後、90年〜2000年代、中堅出版社ダイヤモンド社の自動車専門誌・副編集長に就く。以降、男性ライフスタイル誌「Straight’」(扶桑社)など複数の男性誌編集長を歴任し独立、フリーランスのエディターに、現職。著書に「シングルモルトの愉しみ方」(学習研究社)がある。

吉田 恒道