【プロ解説】トヨタ RAV4のグレードの違いを徹底解説!!

トヨタ RAV4 5代目

現行型RAV4はデビュー時、2L直列4気筒エンジンと2.5Lガソリンエンジンのハイブリッドシステムの2種類でしたが、2020年にRAV4シリーズの最上級モデルとしてPHVが追加されました。これによりガソリン車5グレード、ハイブリッド車2グレード、PHV3グレードの合計10グレード用意されています。ここでは各グレードの装備の違いを紹介しましょう。

文/写真・萩原文博

Chapter
トヨタ RAV4のエントリーグレード 2.0X (2WD/4WD)
より快適装備が充実した 2.0G 4WD
ダイナミックトルクベクタリングAWDを装備する 2.0 G“Zパッケージ” 4WD
もっともRAV4らしいグレード 2.0アドベンチャー 4WD
ハイブリッドのエントリーグレード ハイブリッドX 2WD/X4WD
最上級グレード ハイブリッドG 4WD
PHVのエントリーグレード PHV G
PHV中間グレード PHV G“Z”
PHVトップグレード PHVブラックトーン
トヨタ RAV4グレード一覧

トヨタ RAV4のエントリーグレード 2.0X (2WD/4WD)

RAV4のエントリーグレードとなるのが2Lガソリンエンジンを搭載した2.0X で、車両本体価格は2WD車が274万3000円、4WD車が297万4000円です。内装色はブラックのみで、シート表皮はファブリックとなります。外観ではフロント&リアバンパーはブラック一色となり、装着されるタイヤサイズは225/65R17にシルバーメタリック塗装の17インチアルミホイールとなります。メーターパネルは4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイ+アナログメーターを採用。ハンドルやシフトノブはウレタンとなります。

運転支援システムのトヨタセーフティセンスは標準装備となりますが、リアクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニターはオプションです。また、チルト&電動ムーンルーフもオプション設定されています。ディスプレイオーディオは標準装備されますが、ディスプレイサイズは8インチとなります。便利な置くだけ充電や車内を彩るイルミネーテッドエントリーシステムは設定されていません。4WD車に搭載されているシステムはダイナミックトルクコントロール4WDで、マルチテレインセレクトの切り替えはプッシュ式を採用しています。

より快適装備が充実した 2.0G 4WD

2.0Gは2.0Xに加えて快適装備が充実したグレードで駆動方式は4WDのみとなり車両本体価格339万1000円です。フロントグリルやフロントバンパーにガンメタリック塗装が施され、さらにフロント・リアスキッドパッドはフロントがシルバー塗装、リアがダークシルバー塗装となります。装着されるタイヤサイズも225/60R18インチとなり、スーパークロムメタリック塗装の18インチアルミホイールが組み合わされます。

内装色はブラックに加えて、ライトグレーも選べるようになり、シート表皮は合成皮革にグレードアップします。さらに、運転席・助手席には寒い日に体の芯から温めてくれる快適温熱シートを標準装備しています。ステアリングやシフトノブは本革巻きとなり、メーターパネルには7インチのTFTマルチインフォメーションディスプレイ+オプティトロンメーターとなり視認性が向上しています。Xはオプションで、チルト&スライド電動ムーンルーフが設定されていましたが、G以上はパノラマムーンルーフがオプションで設定されます。

運転支援システムではリアクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニターに加えて、パノラミックビューモニターも標準装備となり、さらに利便性が高くなります。標準装備されているディスプレイオーディオの画面サイズが9インチとなり、一段と視認性が向上します。

<次のページに続く>
次ページ
ダイナミックトルクベクタリングAWDを装備する 2.0 G“Zパッケージ” 4WD

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博