【プロ解説】トヨタ RAV4の安全装備を徹底解説!!

トヨタ RAV4 2019

RAV4はドライバーに安心感を与えて、負担を軽減させるために、衝突回避支援パッケージのトヨタセーフティセンスが全車に標準装備されています。そしてセーフティ・サポートかー、セーフティ・サポートカーSワイドに適用し充実したドライバーサポートシステムが充実しています。それでは、RAV4に採用されている数々の安全装備を紹介しましょう。

文/写真・萩原文博

Chapter
プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
レーントレーシングアシスト(LTA)
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)
オートマチックハイビーム(AHB)
ロードサインアシスト(RSA)
先行車発進告知機能(TMN)
インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]
リヤクロストラフィックオートブレーキ(パーキングサポートブレーキ[後方接近車両])
ドライブスタートコントロール
ブラインドスポットモニター(BSM)
デジタルインナーミラー
パノラミックビューモニター
オフロード テイストな内外装【トヨタ RAV4 アドベンチャー】マイナーチェンジ 前もイケてる! 太田麻美 が気に入った 中古車 を徹底解説
【動画・土屋圭市が提案?若い人はRAV4を買え?!】伝説の5冠元RQ藤木由貴とモータージャーナリスト工藤貴宏が24分徹底解説!

プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)

RAV4に搭載されている衝突被害軽減ブレーキーのプリクラッシュセーフティは前方の車両をはじめ、歩行者(昼夜)、自転車運転者(昼)をミリ波レーダーと単眼カメラで検出。警報ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示によって衝突の可能性を知らせ、ブレーキを踏んだ場合はプリクラッシュブレーキアシスト。またブレーキを踏めなかった場合はプリクラッシュブレーキを作動させ、衝突回避又は被害軽減をサポートします。

プリクラッシュブレーキは歩行者や自転車運転者に対して、自車が約10~80km/hの速度域で作動、例えば、歩行者との速度差が約40km/hの場合には衝突回避または被害軽減をサポートしてくれます。また、車両に対しては自車が約10km/hで作動。停止車両に対して自車の速度が約50km/hの場合は衝突回避または被害軽減をサポートしてくれます。

レーントレーシングアシスト(LTA)

高速道路や自動車専用道路を走行中にカメラで車線をトレースして運転支援するのが、レーントレーシングアシスト(LTA)です。レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)の作動時、車線維持に必要なステアリング操作支援を行います。

また、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)を使用していない場合でも、車線逸脱警報機能、車線逸脱抑制機能は作動可能となります。渋滞時など白線(黄線)が見えにくい、もしくは見えない場合でも、先行車を追従してステアリング操作を支援します。さらに、白線だけでなく、アスファルトや縁石などの境界から逸脱すると判断した場合にもブザー&ディスプレイ表示に加えて、ステアリング操作の一部を支援してくれる機能です。

<次のページに続く>
次ページ
レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博