スバル 新型レヴォーグ(VN5型)の便利なオプションを紹介!

スバル 新型レヴォーグ(VN5型)のコックピットには、安全かつ快適に走行するための装備が数多く搭載されています。そんな新型レヴォーグ には、先進的な安全機能や、快適せや利便性を高めてくれるオプションが備わっています。ここでは、新型レヴォーグの便利なオプションをご紹介していきます。

Chapter
スバル 新型レヴォーグに用意されているメーカーオプションとは?
スバル 新型レヴォーグをより便利に使うディーラーオプション!
スバル 新型レヴォーグに装着できるナビゲーションシステム!

スバル 新型レヴォーグに用意されているメーカーオプションとは?

スバル 新型レヴォーグには安全運転を見守ってくれるオプションが用意されています。

そのひとつであるドライバーモニタリングシステムは、ドライバーがクルマに乗り込むと、インパネセンターバイザーに内蔵されたカメラがドライバーの顔を認識し、安全運転を支援するだけでなく、おもてなしも提供する先進機能です。

警報機能として、走行中にドライバーが一定時間以上目を閉じていたり、顔の向きを前方から大きく外したりするなど、ドライバーに眠気や不注意があるとシステムが判断した場合、警報音や警告表示で注意を喚起してくれます。

クルマがドライバーを常に見守り、安全運転をサポートしてくれるので、長時間のドライブの味方になってくれるでしょう。

また、おもてなし機能として、ドライバーが乗車すると、あらかじめ設定しておいたシートポジションやドアミラー角度を自動的に再現してくれます。

加えて、前回イグニッションOFFした際のマルチファンクションディスプレイ表示や、メーターディスプレイ表示、エアコン設定を再現するほか、登録したドライバーごとの平均燃費も表示してくれるので、一人一人に合わせたおもてなしをしてくれそうです。登録人数は最大で5人となっています。

他にも、視界拡張テクノロジーや運転席シート自動後退機能、フットランプなどのオプションも用意されているので、より安全性を高めることが可能になっています。

このように、 新型レヴォーグには先進性のある機能が豊富に備わっているので、安心してドライブを楽しむことができるでしょう。

スバル 新型レヴォーグをより便利に使うディーラーオプション!

スバル 新型レヴォーグのオールウェザーシートカバーは、撥水加工がされておりクルマのシートを汚れから守ってくれます。運転席と助手席のフロントシート(前席)2席分ととリアシート(後席)3席分とに別々に販売されているので、使い方に合わせて装着することができます。

LEDサイドシルプレートはステンレス製でのフロントとリアのそれぞれの左右にセットで装着されます。スポーティなデザインだけではなく、乗り降りする際の汚れやキズから守ってくれる機能もあります。

またフロントドアを開けたとき、LEVORGロゴが、STIはSTIロゴが約30発光し、存在をアピールします。足元にはフロアカーペットを装着することで、さらに汚れやキズ対策ができ、お手入れもしやすくなることでしょう。

カーゴトレーマットは樹脂製でトレー形状の防水マットなので、簡単にお手入れできます。3Dカーゴマットはかペット生地の下に樹脂層が挟み込まれている構造で、縁高の形状により汚れが外側にこぼれるのを抑えてくれます。

新型レヴォーグはステーションワゴンなので、大きな荷物を積み込むシチュエーションにも無理なく対応できます。積み込み時に車体にキズつくことが想定されるので、オールウェザーカーゴカバーを使用すれば、キズの不安を抱えることなく乗せ下ろしが可能です。

スバル 新型レヴォーグに装着できるナビゲーションシステム!

スバル 新型レヴォーグのインパネに用意されるオプション、11.6インチセンターインフォメーションディスプレイは、縦長のタブレットのようなデザインで様々な機能が集約されています。

例えば機能の一つに、エアコンのの温度設定機能があります。運転席と助手席のエアコンを独立して設定できる機能で、エアコンの吹き出し口やシートヒーターの調節機能も含め、すべてセンターインフォメーションディスプレイに集約されています。さらにスマートフォンと連携してアプリを使用できるようになっています。

スバル 新型レヴォーグは、先代である初代レヴォーグを上回るクルマに生まれ変わっています。

自分好みのデザインにカスタマイズするだけにとどまらず、それぞれのオプションの優れた機能性により、快適で安全な走行を実感できることでしょう。

※ 2021年1月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK