スバル 新型レヴォーグは支払い総額419万4930円!?実際に見積もり取ってみた!

今回は2020年8月22日から先行予約を開始した新型レヴォーグ(VN5A5VG)の見積もりを取ってきました。レヴォーグは、スバルのクルマ造りで代々受け継がれてきた「より遠くまで、より早く、より快適に、より安全に」のDNAを継承している一台。

今回で2代目となる新型レヴォーグは、そのDNAがさらに進化を遂げており、安全性とスポーティさ、そしてワゴンとしての価値をより一層強めています。そんな新型レヴォーグの見積もり価格はいくらになったのでしょうか。

文・PBKK

Chapter
スバル 新型レヴォーグはどんなクルマ?
スバル 新型レヴォーグは進化したアイサイトを搭載!
スバル 新型レヴォーグの見積もり価格は419万4930円!

スバル 新型レヴォーグはどんなクルマ?

新型レヴォーグはどんな一台に仕上がっているのでしょうか。先述した通り、新型レヴォーグは先代と比べて、スポーティさとワゴンとしての価値、そして安全性が飛躍的に進化しています。

エンジンは、新開発の1.8L直噴ターボエンジンを搭載。低速域から300N・mの高トルクを発生させることで、日常での使いやすさを実現しています。

さらにリニアトロニックを大きく作り替え、発進時の強い加速や優れた燃費性能を実現。しっかりとした加速感が得られることから、高速道路での合流もストレスなく行うことができます。また、8速のマニュアルモードも採用しているので、走行性と経済性に優れながらも走る楽しさも提供しています。

ステーションワゴンの特徴であるラゲッジルーム(荷室)はどうでしょうか。新型レヴォーグのラゲッジルームは、荷室長771mm×荷室長1,070mm×最大荷室幅1602mmを誇っています。

リアシートは3分割で倒すことができるため、多彩なシートアレンジも可能。そしてカーゴフロアボード下には、最深290mmのサブトランクも備えています。

スバル 新型レヴォーグは進化したアイサイトを搭載!

安全性で注目すべきは、先進の運転支援システムである新世代アイサイトを全車に標準装備していること、そして新世代アイサイトから一段優れる高度運転支援システムの「アイサイトX」が一部のグレードに装備されていることです。

新世代アイサイトは、センサーに広角化した新開発のステレオカメラを取り付け、さらに前後4つのミリ波レーダーを使用。それにより360度センシングの可能とし、従来より高い安全性を提供します。

アイサイトの作動領域の拡大によって具体的には、交差点での右左折時や出会い頭の衝突回避をサポート。そのほかにも、ブレーキ制御だけでは回避が難しい場合のステアリング制御や後方車両が隣接車線から接近している場合に、車線の逸脱を防ぐ機能が搭載されています。

危険を防ぐ機能はもちろん、先行者への追従やカーブ時の追従、ステアリング制御がより滑らかになり、実際の運転感覚に近いものとなっています。

従来より大幅に進化した安全機能と運転支援機能を備えた新世代アイサイト。その新世代アイサイトに高度運転支援システムを備え、ワンランクアップしているのがアイサイトXです。

アイサイトXがもっとも輝く場面は、自動車専用道路を走行する際。3D高精度地図データが車線単位で道路情報を把握していることに加えて、GPSや準天頂衛星「みちびき」を活用することでより正確な位置情報を獲得し、運転支援の幅を大きく広げています。

先代からスポーティさとワゴンとしての価値、そしてアイサイトの進化が実現した優れた安全性を誇る新型レヴォーグ。そんな新型レヴォーグから今回は、LEVORG GT EXの見積もりを取ってきました。LEVORG GT EXは、6つのグレードを揃える新型レヴォーグのスタンダードモデルで、アイサイトXを搭載しています。

スバル 新型レヴォーグの見積もり価格は419万4930円!

メーカー:スバル
車種:LEVORG GT EX
型式:VN5A5VG
外装色:アイスシルバー・メタリック
内装色:ブラック
ドア:5
定員:5名
付属品:ベースキット(10万4940円)、CD/DVDデッキ(3万6300円)、CD/DVDデッキ取付けキット(1万2100円)、ETC2.0車載器キット DENSO(3万2780円)、ETCビルトインカバー(6820円)、ドライブレコーダー(5万6760円)、ドライブレコーダー取付キット(6050円)、
ETCのれんわけハーネス(1100円)、カメラ ECU(3万3550円)、ウルトラガラスコーティング NEX(5万5000円)、UGC-NEX メンテナンスキット(1万6500円)、ETCセットアップ(3135円)

【見積もり内容】
車両本体:348万7000円
付属品:36万5035円
税金・保険:15万1370円
手続き代行費:4万7080円
預り法定費用等:13万4525円
リサイクル法費用等:9920円

支払総額:419万4930円

スバル新型レヴォーグ プロトタイプを徹底解説!新型レヴォーグと旧型レヴォーグ何が変わった?開発責任者の五島さんとのインタビューも敢行!!

2014年に初代が発売され、スバルの代表的なステーションワゴンとして有名なレヴォーグ。初代の発売から6年が経ち発売された新型レヴォーグは、まさにスバルが培ってきた努力をすべて詰め込んだ技術の結晶といえるでしょう。新型レヴォーグの発売は、2020年10月15日。気になる方はぜひ購入を検証してみてください。