【プロ解説】日産 フェアレディZ NISMO (Z34) のインテリア(内装)と荷室容量を徹底解説!!

現行型( Z34)のフェアレディZも振り返っておきましょう。今回は、フェアレディZ NISMO (Z34)をベースにインテリア(内装)と荷室容量を解説していきます。フェアレディZのインテリアは、ドライビングを楽しみ尽くすためのこだわりを隅々にまで込められています。クルマと一体になれることを追求してNISMOがデザインしたインテリアとは一体どのようなものに仕上げられているのでしょうか。

文/写真・萩原 文博

Chapter
フェアレディZ NISMO (Z34)のインパネの特徴は?使い勝手は?
フェアレディZ NISMO (Z34)の運転席の特徴は?快適性は?
フェアレディZ NISMO (Z34)の助手席の快適性は?使い勝手は?
フェアレディZ NISMO (Z34)の荷室容量は?使い勝手は?
初代フェアレディZと現行フェアレディZ NISMO Z34を振り返ろう!土屋圭市さんと柳田真孝選手が43分徹底解説!!

フェアレディZ NISMO (Z34)のインパネの特徴は?使い勝手は?

フェアレディZ NISMOのインテリアは、「本物」を感じ取れること。そして一瞬、一瞬に歓びがあり、 前向きな気持ちになれる。そんなNISMOの想いが散りばめられています。

インテリアはフェアレディZ NISMO専用の加飾をブラックアウトしてNISMOの象徴の赤と黒によるコーディネートでコントラストを 高めたインテリアとなっています。

シックな黒と赤のコントラストによりスポーティかつシックな空間を 演出。ドライバーがステアリングやペダルを通じてクルマと対話できるように仕立てられています。

フェアレディZ NISMO (Z34)の運転席の特徴は?快適性は?

クルマと一体になれることを追求してフェアレディZ NISMOは専用チューニングを施したレカロ製のス ポーツシートを採用しています。公道はもちろん、サーキット走行まで視野に入れて開発されたこのトシートは、ホールド性能はもちろん、クルマの微少な動きまでつかめるフィット感、ペダルやシフトの操作性 そして疲労を抑えるダンピング性能などバケットシートの理想を追求しています。

さらにNISMOロゴと レッドリングを備えた専用の大型タコメーター、本革・アルカンターラ巻きのステアリング、シフトノブ のコンソールブーツ、ドアトリム、インストアッパーボックスとインテリアの随所にレッドステッチを施 し、ドライバーの視界に入る部分、触れる部分、走りのあらゆるシーンにおいて大人の感性に応える情熱 と質感を取り入れたコクピットデザインとなっています。

さらに、レッドか色を施したスターターボタン フィニッシャーはドライバーのマインドを盛り上げてくれる演出となっています。

フェアレディZ NISMO (Z34)の助手席の快適性は?使い勝手は?

NISMOが専用チューニングを施したレカロ製スポーツシートは、ドライバーを面で支持するレカロスポー ツスターシェルを採用していおり。高剛性化そして軽量化が図られています。

また、深めの中折れ形状に より、ヒップポイントは変わらないものの、視点を下げてくれ、わきから腰までの均一なフィット感を実現しており、コーナリング時の横G発生時の状態保持性能を向上させています。

さらに専用クッションフ レームにより身体が均一にフィットしてくれるため、中高G域も安心して操作できるホールド性と優れた ダンピング性を両立しており、優れた乗り心地を実現しています。

フェアレディZ NISMO (Z34)の荷室容量は?使い勝手は?

フェアレディZ NISMOのラゲージ容量は標準車と同じ235Lを確保しています。

高さはないものの、奥行 きが確保されているため、ゴルフバッグを2個搭載できるようになっています。

ブラックを基調としたインテリアは赤をアクセントカラーに使用したシックな空間を演出していて、華美な装飾はなく、アルカンターラのステアリングやレカロ社製のバケットシートなどドライバーがクルマとの対話をじっくりと楽しめるアイテムが充実しています。

初代フェアレディZと現行フェアレディZ NISMO Z34を振り返ろう!土屋圭市さんと柳田真孝選手が43分徹底解説!!

【現行Z34フェアレディZ NISMO vs 悪魔のZ(S30Z)】土屋圭市さんと柳田真孝選手が43分徹底解説!!後半にZ34とS30Zの走行インプレッションあり!!

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ