【プロ解説】日産 フェアレディZ (Z34)をベースにZ34のグレードとボディカラーを徹底解説!!

日産 フェアレディZ Z34 NISMO

いよいよZ35の登場が間近となっているフェアレディZ。現行型であるZ34では、ファクトリーチューンの施されたZ NISMOを筆頭に、全5グレードが設定されています。グレードによってトランスミッションの設定が異なるなど、装備だけでなくクルマの個性にも差があるのが現型フェアレディZの特徴となっています。今回は、グレードとボディカラーを徹底解説していきます。

文/写真・萩原 文博

Chapter
Z34のエントリーモデル!フェアレディZ
7速ATのみの設定!フェアレディZ バージョンT
6速マニュアルのみの設定!フェアレディZ バージョンS
Z34の中で最高グレード!フェアレディZ バージョンST
レースの技術を投入!フェアレディZ NISMO
【悪魔のZ(S30Z) vs Z34 フェアレディZ NISMO】土屋圭市さんと柳田真孝選手が43分徹底解説!!

Z34のエントリーモデル!フェアレディZ

ボディカラーはダイヤモンドブラック

現行型フェアレディZのエントリーモデルとなるのが、標準車のフェアレディZです。トランスミッションは6速MTと7速ATが用意され、車両本体価格は6速MT車が397万9800円。7速AT車が405万9000円となっています。

搭載されているエンジンは他のグレードと同じなので、価格の違いは装備の違いということになります。オートエアコンやユーロサスペンションそしてMT車のシンクロレブコントロール機能などは標準装備となっています。

装着されているホイールサイズが18インチとなっているのをはじめ、オーディオレスとなります。バックビューモニターやニッサンコネクト、ETCユニットなどがオプション設定となっています。

フェアレディZ

フェアレディZ (6速MT)
ボディサイズ:全長4260mm×全幅1845mm×全高1315mm
エンジン種類:3696cc V型6気筒DOHC
最高出力:336ps/7000rpm
最大トルク:365Nm/5200rpm
ミッション:6速MT
乗車定員:2人

フェアレディZ (7速AT)
ボディサイズ:全長4260mm×全幅1845mm×全高1315mm
エンジン種類:3696cc V型6気筒DOHC
最高出力:336ps/7000rpm
最大トルク:365Nm/5200rpm
ミッション:7速AT
乗車定員:2人

7速ATのみの設定!フェアレディZ バージョンT

ボディカラーはダークメタルグレー

車両本体価格480万2600円のバージョンTは設定されているトランスミッションが7速ATのみのグレードです。まず標準グレードでオプションだった、バックビューモニターやニッサンコネクト、ETCユニットが標準装備されます。

シートもヒーター機能付の本革&スエード調ファブリックコンビシートとなり、運転席・助手席のスライド&リクライニングは電動調整式となります。

オーディオもアクティブ・サウンド・コントロール、アクティブ・ノイズ・コントロール機能を備えたBOSEサウンドシステムが標準装備されます。装着されるホイールサイズは標準車と同じ18インチとなります。

フェアレディZ バージョンT

ボディサイズ:全長4260mm×全幅1845mm×全高1315mm
エンジン種類:3696cc V型6気筒DOHC
最高出力:336ps/7000rpm
最大トルク:365Nm/5200rpm
ミッション:7速AT
乗車定員:2人

<次のページに続く>
次ページ
6速マニュアルのみの設定!フェアレディZ バージョンS

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博