新型タフトは「軽」だからこそ光る存在だ!タフトの魅力に迫る!【新型車インプレッション1/4】

2020年6月10日に発売開始した、新型の軽クロスオーバーSUV「ダイハツ タフト」が、大人気となっています。月販目標4000台に対し、発売1か月後の受注台数は4.5倍となる、約1万8000台に達したそう。すでに納期は3か月待ちとなっており、この新型タフトの勢いは、しばらく続くとみられます。
今回はこの新型タフトについて
1.車両の概要
2.運転席からの視界やシート性能
3.収納スペースや荷室の使い勝手
4.ハンドリングや乗り心地などの走行性能
以上4記事にわたって、カタログに乗らないようなポイントにも触れつつ、その魅力をご紹介していきます。

文:自動車ジャーナリスト吉川賢一/写真:エムスリープロダクション鈴木祐子

Chapter
おすすめグレードはGもしくはGターボ!
無骨なエクステリアは新型タフトの魅力!メッキパッケージもおすすめ
スカイフィールトップは何度見ても広さと明るさに驚く!
軽自動車だからこそヒットする軽クロスオーバーSUV

おすすめグレードはGもしくはGターボ!

新型タフトは、直線を基調とした存在感のあるスタイルと、巨大なガラスルーフが特徴の「軽クロスオーバーSUV」であり、実用性の高さもさることながら、遊び心を兼ね備えたクルマです。同社の軽スーパーハイトワゴン「タント」と同じく、DNGAによる新型プラットフォームを採用しつつ、SUVコンセプトに寄せたその姿は、存在感が抜群にあります。

ライバルはもちろんスズキの「ハスラー」。新型タフトの人気の理由は、このハスラーが打ち立てた軽クロスオーバーSUVという人気ジャンルに、武骨なルックを掛け合わせてきたことにあると考えられます。

グレード構成は、X、G、Gターボの3種類。それぞれに2WDと4WDが用意されています。XとGの違いは、エクステリアパーツのカラー、ルーフレールの有無、LEDフォグランプの有無、センターアームレストの有無、インテリアのアクセントの有無、TFTカラーマルチファンクションディスプレイ(Xグレードはマルチインフォメーションディスプレイ)、ADB(アダプティブドライビングビーム、Xグレードはオートハイビームとなる)、全車速追従機能付ACCおよびLKC(レーンキープコントロール)の設定(Xにはオプション設定すらない)、ホイール(Xグレードはスチールホイール、Gグレードはアルミホイール)など。

GとGターボは、エンジンの違い、ACCおよびLKCが標準装備かオプション設定か、アルミホイールの塗装(Gターボはガンメタリック、Gはシルバー)と差異は少ないです。

Xグレードはせっかくの新型タフトの魅力ポイントを失う部分が大きいため、出来ることならば、GもしくはGターボを選択したいところ。そして、エンジンにモアパワーが欲しい方はGターボ、雪道を走る可能性がある方は4WDを、というのがおススメの選択です。

2WD     
Gターボ   160万6000円  20.2km/L
G            148万5000円  20.5km/L
X            135万3000円  20.5km/L

4WD      
Gターボ   173万2500円  19.6km/L
G            161万1500円  19.7km/L
X            147万9500円  19.7km/L

※ 燃費はWLTCモード値、ベーシックモデルのXに対し、Gは約12万円アップ、Gターボはさらに12万円アップとなる

無骨なエクステリアは新型タフトの魅力!メッキパッケージもおすすめ

極端に角ばったボディデザイン、大きく張り出したフェンダー、直立したフロントウィンドウ、天地高の狭いサイドウインドウはまさに武骨なルックと言えます。ボディカラーも9色(Xグレードは5色)から選べ、メインカラーとなるレークブルーメタリック、フォレストカーキメタリック、サンドベージュメタリックは、新型タフトのオフローダーな魅力を存分に惹き立てててくれます。

さらに、ディーラーオプションの「メッキパック」を装着すれば、ギラギラで厳つめのフロントグリルにもなります。メッキグリルを装着した新型タフトは、まるでコンパクト化されたHUMMERのよう。実際に、購入層は、性別、年代問わず幅広く、その約半数はディーラーオプションの「メッキパック」を装着しているとのこと。ハスラーの丸みを帯びた愛嬌あるデザインとは異なり、より武骨なギラギラデザインに人気が出ている、といったところでしょう。

スカイフィールトップは何度見ても広さと明るさに驚く!

斬新なエクステリアに目を奪われがちですが、新型タフトは、インテリアにこそ注目点があります。新型タフトが打ち出しているのは、バックパックスタイルというインテリアのコンセプト。

アクティブに活動できる軽快さと、荷物をたくさん積める機能を両立する、というもので、具体的には、フロントは「クルーのスペース」として気分が上がるようにアクセントカラーやデザインにこだわりつつ、使い勝手も重視。リアは「フレキシブルなスペース」として遊ぶ道具をすべて満載して出かけられる、そうした使い方が想定されています。

エアコン吹出口や、シフトノブ周辺、そしてメーターパネル周囲などに配置されたオレンジのアクセントカラーは、新型タフトの明るさ、楽しさを演出してくれます。中でも、メーター周りは、この手の軽SUVの中ではクオリティが高く、いい作り込みがなされていると感じます。

また、新型タフトの最大の特徴である大型のガラスルーフ「スカイフィールトップ」は標準装備。採光の良さは素晴らしく、曇りの日でさえ、まぶしく感じることもあるほど。まぶしく感じたら、ルーフカバーを開ける量を調節することで、光を調節することが可能です。試乗日は大雨でしたが、雨がルーフを打つ音は気になりませんでした。

軽自動車だからこそヒットする軽クロスオーバーSUV

ファーストカーでは気後れしてしまうほどの、おしゃれでかわいいデザインもセカンドカーなら取り入れられる。加えて、アウトドアなどのレジャーの際にも活躍し、手ごろな価格。もちろん税金も安い。軽自動車だから、駐車スペースも小さくて済む。ハスラーや新型タフトといった軽クロスオーバーSUVは、軽自動車だったからこそヒットしたクルマといえるでしょう。

次回は、運転席周りの視界や、シートの座り心地について、レポートしていきます。

主要諸元 タフト G 2WD

■全長×全幅×全高:3395×1475×1630mm
ホイールベース:2460mm
車両重量:970kg
■駆動方式:前輪駆動
■エンジン:KF型 直列3気筒ガソリンエンジン
排気量:0.658cc
■最高出力:38kW(52ps)/6,900rpm
■最大トルク:60Nm(6.1kgf・m)/3,600rpm
■トランスミッション:CVT
■サスペンション前後:前…マクファーソン式  後…トーションビーム式
■タイヤ前後:前…165/65R15 後…165/65R15
■WLTCモード燃費:20.5km/L
■最小回転半径:4.8m
■燃料・タンク容量:無鉛レギュラーガソリン・30L

吉川 賢一|よしかわ けんいち

モーターエンジニア兼YouTubeクリエイター。11年間、日産自動車にて操縦安定性-乗心地の性能技術開発を担当。次世代車の先行開発を経て、スカイラインやフーガ等のFR高級車開発に従事。その後、クルマの持つ「本音と建前」を情報発信していきたいと考え、2016年10月に日産自動車を退職。ライター兼YouTube動画作成をしながら、モータージャーナリストへのキャリア形成を目指している。

吉川 賢一|よしかわ けんいち