ダイハツ 新型タフト(LA900S/LA910S型)の荷室の広さと使い勝手はいかに!?

ここでは、ダイハツ 新型タフト(LA900S/LA910S型)のラゲッジスペース(荷室)の広さや使い勝手について紹介します。2020年6月10日に発売されたダイハツ 新型タフトは、最近人気の新型の軽SUVということもあり、発売前から高い注目を浴びているクルマです。

そんなダイハツ タフトのラゲッジスペースの広さや使い勝手はどうなっているのでしょうか。タフトに施された工夫とともに見ていきましょう。

文・PBKK

Chapter
ダイハツ 新型タフトのラゲッジスペースはどのくらい?
ダイハツ 新型タフトのラゲッジスペースは使い勝手抜群!
ダイハツ 新型タフトのラゲッジスペースをシートアレンジで有効活用!
ダイハツ 新型タフトのラゲッジルームはオプションでさらに便利になる!

ダイハツ 新型タフトのラゲッジスペースはどのくらい?

ダイハツ 新型タフトの開発コンセプトはバックパックスタイルというもので、人がバックパックを背負っているというイメージで設計されています。

そのため、リアスペースは遊びを楽しめるフレキシブルスペースになっており、完全フラットスタイルのシートアレンジをはじめ、使い勝手を良くする工夫や機能により、多様な使い方に対応しています。

ラゲッジスペースについての具体的なスペックは示されていませんが、室内長2,050mm×室内幅1,305mm×室内高1,270mmという数値から、ラゲッジスペースの広さはある程度推測することができるでしょう。

新型タフトのラゲッジルームは、リアシートのスライドによるスペースの拡張はできませんが、リアシートのシートバックを倒せばラゲッジスペースを拡張することが可能です。操作もシート脇のレバーを操作するだけなので、簡単にフラットなラゲッジスペースを出現させることが出来ます。

拡張すると、車内の約半分のスペースをラゲッジスペースとして使用することできるので、キャンプやアウトドアで必要な大型の荷物や大量の荷物の積み込みも安心です。多人数乗車の機会が少ない人であれば、普段からリアシートを倒したままで大きなラゲッジスペースとして使用するのもいいでしょう。

ダイハツ 新型タフトのラゲッジスペースは使い勝手抜群!

ダイハツ 新型タフトのラゲッジスペースの特徴は使い勝手抜群なフレキシブルボードが装着されている点です。このボードは設置する高さを変更したり、はずして立てかけたりすることが可能で、荷物の大きさや形、量に合わせてアレンジすれば、様々な荷物の積み込みに対応することができます。

フレキシブルボードを使ったアレンジのスタイルは完全フラットスタイル、下段スタイル、立てかけスタイルの3つです。完全フラットスタイルは、フレキシブルボードは標準の位置のまま、リアシートを倒した状態です。

隙間のないフラットで広いスペースには、大型の物・長い物・大量の荷物などいろいろな荷物を自由に積み込むことが可能となっています。また、フレキシブルボードの下のスペースもアンダーボックスとして使用できるので、いざというときの修理道具など常備しておきたい荷物を積んでおく収納場所としても活用できます。

下段スタイルは、背の高い荷物を積み込みたい時に便利なスタイルです。フレキシブルボードは標準の位置からさらに80mm(4WD)~140mm(2WD)下げることができるので、スーツケースも縦の状態で2つ並べて積み込むことが可能となります。

立てかけスタイルは、フレキシブルボードを開いてリアシートに立てかけた状態にします。この状態にすると、ラゲッジルームの底面が標準状態より105mm(4WD)~165mm(2WD)低くなるため、さらに高さのある荷物を載せることができます。

また、立てかけスタイルの場合、フレキシブルボードの裏側に付いた2箇所のフックも利用できるようになり、片側1kgまでのものをかけられるので、床に置くには不安定なショッピングバッグなどをかけておけば、転がって中身が飛び出してしまう心配もなくなります。

ちなみに、このフレキシブルボードと、リアシートバックに装着されているリヤシートバックボードは、汚れにくいように表面加工されており、汚れが付いてしまっても簡単に拭き取れるため、泥が付いていた汚れた荷物も安心して置けるようになっています。

ダイハツ 新型タフトのラゲッジスペースをシートアレンジで有効活用!

ダイハツ 新型タフトのリアシートのシートアレンジは、シートバックを倒すだけというシンプルなものですが、50:50分割可倒式の構造をうまく使いこなすことで、ラゲッジスペースをより有効に使うことができます。

例えば、荷物も積みたいけど乗車人数も確保したい時には、片方のリアシートだけを倒せば、3人の乗車人数を確保しながらも、ラゲッジスペースを広げることができます。

逆に、ドライバーしか乗車しないのであれば、助手席をいちばん前までスライドさせシートバックを倒せば、助手席のスペースまでラゲッジスペースとして利用することができ、サーフボードや釣り竿のような長尺物の積み込みも可能になります。

このように新型タフトのラゲッジスペースは、シートをアレンジすることで乗車する人数や荷物の大きさなどにあわせ、スペースを有効活用した使い方ができるクルマとなっています。

ダイハツ 新型タフトのラゲッジルームはオプションでさらに便利になる!

ダイハツ 新型タフトには、ラゲッジルームをより便利に使うためのオプションが用意されています。フレキシブルボード二段モード取付キットは、マルチフック2個とラゲージバー2本、取付フックがセットになっており、標準付属のマルチフック2個とこのキット組み合わせれば、フレキシブルボードをテーブルとして使用することができます。

他にも、全フラットスタイルで荷物がずれやすくなるのを防ぐのに重宝するラゲージネットや、2WD専用オプションになりますが、汚れた荷物・濡れた荷物などをそのまま放り込むことができるラゲージBOXなども用意されています。

ラゲージBOXは、ラゲッジルームの中を汚れから保護できるだけでなく、そのまま取り外して持ち運ぶこともできるので、バラバラの荷物をまとめて運び出すときにも役立ちます。

標準装備のフレキシブルボードだけでも充分使い勝手のいいラゲッジルームですが、オプションでアイテムを追加することで、さらに利便性を向上させれば、様々なシーンで活躍してくれることでしょう。

ダイハツ 新型タフトには、フレキシブルボードやシートアレンジを活用することで、様々なシーンや用途に対応できる使い勝手のいいラゲッジルームが備わっており、アウトドアユースを中心に様々なシーンで重宝するクルマとなっています。

ぜひ一度試乗して、実際にその使い勝手のよさを体験してみてはいかがでしょうか。