ダイハツ 新型タフト(LA900S/LA910S型)の後部座席(リアシート)の使い勝手はいかに

今回は、ダイハツ 新型タフト(LA900S/LA910S型)のリアシート(後部座席)について紹介します。ダイハツ タフトは新型の軽SUVとして、同じジャンルであるスズキ ハスラーのライバル車と目され、発売前から高い注目を浴びていました。

2020年6月10日に発売が開始されましたが、実際に乗ってみてどのような印象を受けるかが気になるところです。新型車ならではの工夫とともにリアシートの使い勝手を見ていきましょう。

文・PBKK

Chapter
ダイハツ 新型タフトのリアシートの広さはいかに?
ダイハツ 新型タフトのリアシートの機能はいかに?
ダイハツ 新型タフトのリアシートをアレンジでラゲッジスペースに!

ダイハツ 新型タフトのリアシートの広さはいかに?

ダイハツ タフトのボディーサイズは、全長3,395mm×全幅1,475mm×全高1,630mmとなっており、その限られたボディの中の室内空間は室内長2,050mm×室内幅1,305mm×室内高1,270mmとなっています。

タフトの室内空間は、やりたかったことを叶えるという想いを込め、バックパックスタイルというコンセプトで開発されており、人がバックパックを背負うというイメージから、フロントシートは乗員重視、リアシートは荷物を放り込むバックパックとして使用する積載機能重視の発想で設計されています。

そのため、リアシートはシンプルなベンチシートでスライド機能がなく、リアシートの乗員スペースを広げることができません。なので、リアシートまわりは決して広いとはいえない作りですが、それでもフロントシートとリアシートの間隔は900mmとなっており、人が座っても圧迫感や窮屈さを感じさせないスペースが確保されています。

ダイハツ 新型タフトのリアシートの機能はいかに?

タフトのリアシートはバックパックスタイルというコンセプトから、ラゲッジスペース(荷室)としての使い勝手に重点を置いて設計されているため、リクライニング機能や前後のスライド機能など、乗車時の快適さを追求する機能がつかないシンプルな構造になっているのが特徴です。

リアシートはラゲッジスペースとして利用することが意識されているので、シートの表面は汚れがつきにくい加工が施されており、泥などの汚れがついても簡単に拭き取ることができるため、アウトドアユースで重宝します。

リアシート周りの収納機能としては、乗車中の飲み物の置き場に困らないように、500mlのペットボトルが入れられるドアポケット&ボトルホルダーが左右それぞれのリアドアの内側に用意されています。

また、タフトにはバッグや帽子などをさっとかけることができるマルチフックが2個付属しています。車内にフックの取り付けホールは6箇所あり、自分の使い方にあわせて最適な位置にセットして利用できるので、使い勝手がいいアイテムとなっています。

ダイハツ 新型タフトのリアシートをアレンジでラゲッジスペースに!

タフトのリアシートアレンジは、スライド機能がないのでシートバックを倒すだけというシンプルなもので、ラゲッジスペースとして利用する目的がほとんどです。

そのため、リアシートはラゲッジスペースとしての使い勝手の良さを重視し、シートバックを倒したときにラゲッジルームとの段差がないフラットな状態になるように設計されています。そして、リアシートバックには、様々な荷物を置けるように、汚れにくく、汚れをふき取りやすい加工が施されたシートバックボードが装着されています。

また、タフトのリアシートには5:5の分割可倒式が採用されており、シート脇のレバーを操作することで、左右のシートバック(背もたれ)をそれぞれ分割して倒すことができます。

アレンジのパターンとしては、左右すべて倒すか、左右どちらか片方のみを倒すパターンに限られ、選択肢としては少ない印象ですが、これらを上手に活用すれば様々なシーンに対応した便利な使い方が可能となります。

例えば、リアシートをすべて倒して完全にフラットな状態にすると、車内の約半分のスペースがラゲッジスペースとして利用できるようになり、アウトドアやキャンプに必要なテントなどの大型の荷物や大量の荷物も難なく積み込めます。

もし、乗員の人数を確保したい場合には、左右どちらか片方のリアシートだけを倒せば、ラゲッジスペースを広げつつも3人の乗車が可能となります。

もしドライバーしか乗車しないのであれば、リアシートを倒し、助手席一番前までスライドさせてシートバックを倒せば、リアスペースまででは収まりきらないサーフボードなどの長尺物も積み込むことができるようになります。

タフトのリアシートは、乗車する人数やシチュエーションにあわせて便利に使うことができるので、様々なシーンで活躍してくれるでしょう

ここまで、新型軽SUVのダイハツ タフトのリアシートについてみてきました。タフトのリアシートは、シートアレンジでラゲッジスペースとして利用する際の使い勝手のよさが際立ち、汚れ対策も施されているので、車内を汚してしまいがちな子供が乗っても安心。

アウトドア利用だけでなくファミリーユースにも適したクルマとなっています。車選びのポイントとしてリアシートの使い勝手を重視した場合、タフトを選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。