ダイハツ 新型タフト(LA900S/LA910S型)の収納機能は利便性が抜群!

今回は、ダイハツ 新型タフト(LA900S/LA910S型)の収納機能について紹介します。新型の軽SUVとして登場したタフトは、気軽に出かけられて動きやすいリュックを背負った人をイメージしたバックパックスタイルをコンセプトに開発。新型タフトは、軽快さと荷物をたくさん運べる機能性を高い次元で両立させた軽自動車です。

自動車として高い走行性能が求められるのは当然のこととして、収納をはじめとする車内の使い勝手も気になるところです。フロントスペースやリアスペースの収納機能はどの程度のレベルなのか、またより収納しやすくするオプションはどのようなものがあるのかを紹介します。

文・PBKK

Chapter
ダイハツ 新型タフトのフロントスペースには豊富な収納機能がある!
ダイハツ 新型タフトのリアスペースはシートアレンジで収納が広がる!
ダイハツ 新型タフトは収納機能をアップさせるオプションを用意!

ダイハツ 新型タフトのフロントスペースには豊富な収納機能がある!

新型タフトのフロントスペースはクルースペースという思想で設計されており、乗員の快適性が重視されたつくりになっています。また快適性に加え、収納機能にも優れているという特徴があります。

左右両端に設置されたカップホルダーは600mlのペットボトルも収納でき、グローブボックスセンターコンソールトレイは、ちょっとした荷物を収納する際に重宝します。また格納式のショッピングフックは、買い物袋をサッとかけるのに便利です。

ボックス付きのフロントセンターアームレストは、装備されるのがGとGターボに限定されますが、ボックスにはふたもついているため、車が揺れても小物がこぼれることがありません。さらに、助手席シートアンダートレイもGやGターボ限定の装備で、助手席の下からさっとトレイを引き出せるので、履き替えた靴などを便利に収納できます。

ダイハツ 新型タフトのリアスペースはシートアレンジで収納が広がる!

新型タフトのリアスペースはフレキシブルスペースというコンセプトのもと、さまざまなシーンに対応した使い方ができるように開発されていました。リアシート(後席)には収納装備として、ドリンクや小物を置くのに便利なドアポケット&ボトルホルダーが取り付けられています。

新型タフトのリアシートは備え付けられた収納機能に加えて、50:50分割可倒式のシートバックを倒すことで収納機能を拡張することができます。

両席のシートバックを倒せば、フラットで広大なラゲッジルームが出現します。室内長2,050mmのおよそ半分をラゲッジスペースとして使えることで、大きな荷物も収納できます。

さらに、リアスペースのフレキシブルボードを上手にアレンジすれば、さらに収納性が上がります。ボード下を収納ボックス的に使用したり、ボード設置の高さを変えて背の高いものを収納したりと、それぞれの荷物に最適な収納が可能になります。

フレキシブルボードにはフックもついており、ボードを立てかけモードにしてフックを出せば、1kgまでのショッピングバッグなどをかけられます。

ダイハツ 新型タフトは収納機能をアップさせるオプションを用意!

新型タフトは標準状態でも収納に関する豊富な装備がありますが、収納機能をさらに充実させるためのオプションも充実しています。さまざまな物をかけられるマルチフックは標準で2個付属しますが、取付ホールは6箇所あります。そのため、別売でも提供される追加のフックを装着することで、より多くの小物をかけられるようになります。

ラゲージバーを使えば、リアハッチを開けたときに荷物が崩れ落ちてくるのを防ぐことが可能に。またラゲージネットを使えば、ブレーキを踏んだときなどに荷物がずれるのを防ぐことができます。

フレキシブルボードの下に設置できるラゲージBOXは2WD車専用のオプション。汚れたものや濡れた荷物などをそのまま放り込むことができることに加えて、ボックスごと取り外すことも可能なため、屋内に荷物を持ち込みたいときに重宝します。

これらのオプションは全てディーラーオプションなので、車本体を購入した後でも自由に買うことができます。実際に新型タフトを使ってみて、必要になってから買うという方法もありでしょう。

ここまで、新型の軽SUVであるダイハツ タフトの収納機能や、収納に関するオプション装備などを紹介してきました。新型タフトのフロントスペースには豊富な収納機能があり気軽に小物を放り込めるので、ドライバーは安全運転に集中することができます。

またリアスペースは、シチュエーションに応じてシートアレンジを使いこなすことで、いろいろな荷物が積めるという特徴があります。車選びのポイントとして収納のしやすさを頭に入れておけば、使い勝手のいい愛車を購入することができるでしょう。

タフトはハスラーキラーになるか?ダイハツ タフトを徹底解説!次回の土屋圭市さん&竹岡圭さんの告知もありますよ〜!