【TMS2019】東京モーターショーにてダイハツ新型コンパクトSUVがサプライズで登場!

事前のアナウンスがなく、東京モーターショーのプレスデイにサプライズで登場。名称はなく、ただ「新型コンパクトSUV」と呼ばれた。

文・鈴木 ケンイチ/写真・宮越 孝政

Chapter
DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第2弾モデル
スペック
デザイン

DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第2弾モデル

2019 TMS 新型コンパクトSUV ダイハツ

特徴は、DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第2弾モデルということ。ただし、第1弾は軽自動車の「タント」であったため、今回のモデルはAセグメントのトップバッターとなる。

既に発表されているDNGAの計画は、軽自動車とAセグメント、Bセグメントの3種類のプラットフォームが開発され、それぞれにハッチバック・セダン・SUV・ミニバンとバリエーションが生まれるという。さらにAセグメントとBセグメントのモデルは、日本以外の新興国でも販売されるという。

また、トヨタへのOEM供給の可能性も当然、高いのだ。つまり、この「新型コンパクトSUV」は、ただ1台のモデルというだけでなく、今後、ハッチバックやセダン、ミニバンも派生モデルが生まれてくることが予想され、重要モデルとなるのだ。

スペック

2019 TMS 新型コンパクトSUV ダイハツ

公開されたスペックは、全長3,995mm×全幅1,695mm×全高1,620mm。ホイールベースが2,525mm。車両重量980kg。搭載されるエンジンは996ccの直列3気筒12バルブDOHCターボで、最高出力は72kW(98馬力)、最大トルクが140Nm。そこにCVTが組み合わされる。

今回のモデルはFFだが、他に4WDも用意されるという。

デザイン

2019 TMS 新型コンパクトSUV ダイハツ

デザイン面での特徴は、リッターカーにしては大きく見えるということ。ボディサイドにプレスラインがないデザインは、「マツダ3」やメルセデスベンツ「Aクラス」のように、最近のトレンドをくんで行くと言えるだろう。

2019 TMS 新型コンパクトSUV ダイハツ

また、センターコンソールはドライバーの方に向けてあるため、インテリアもスポーティーだ。このデザインが流用されるのであれば、ミニバンもスポーティーな雰囲気になるに違いない。ハッチバックモデルであれば、相当にスポーティーなモデルになるではないだろうか。

2019 TMS 新型コンパクトSUV ダイハツ

特徴は、DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の第2弾モデルということ。ただし、第1弾は軽自動車の「タント」であったため、今回のモデルはAセグメントのトップバッターとなる。

既に発表されているDNGAの計画は、軽自動車とAセグメント、Bセグメントの3種類のプラットフォームが開発され、それぞれにハッチバック・セダン・SUV・ミニバンとバリエーションが生まれるという。さらにAセグメントとBセグメントのモデルは、日本以外の新興国でも販売されるという。

また、トヨタへのOEM供給の可能性も当然、高いのだ。つまり、この「新型コンパクトSUV」は、ただ1台のモデルというだけでなく、今後、ハッチバックやセダン、ミニバンも派生モデルが生まれてくることが予想され、重要モデルとなるのだ。

2019 TMS 新型コンパクトSUV ダイハツ

鈴木ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木ケンイチ