3代目トヨタ ノア の多彩なシートアレンジは7人乗りと8人乗りで違いがある!?

画像1

今回は、トヨタ ノアの多彩なシートアレンジを紹介します。普段、クルマのシートアレンジはどのくらいの頻度で行いますか?荷物が多くて座るスペースが狭くなっても、3列目は倒さずそのままにしておこう、という方は結構多いのではないでしょうか?

しかし、クルマによって乗れる人数や、シートアレンジのパターンは全く違います。中でも実用的でパターンが豊富なクルマがトヨタ ノアです。実際にその豊富なアレンジ方法をみていきましょう。

文・PBKK

Chapter
トヨタ ノアの7人乗りならではのシートアレンジ
トヨタ ノアの8人乗りならこんなシートアレンジがおすすめ!
トヨタ ノアはシートアレンジ次第で収納スペースが拡大!

トヨタ ノアの7人乗りならではのシートアレンジ

まず、7人乗りモデルのセカンドシートには、「キャプテンシート」が採用されています。キャプテンシートとは、二列目のシートの左右にひじ掛けがついているタイプのシートを指します。これによって、超ロングスライドを実現することができました。ロングスライドを活かしたシートアレンジがいくつかのパターンあります。

後部座席全員がゆっくりくつろぎたいのであれば、「スーパーリラックスモード」と前後自由に移動できる「フリーアクセスモード」がおすすめです。

また、お子様がいてケアが必要な機会が多い人には、セカンドシートの片側を前後にスライドすることで二人同時に後部座席にアクセスできる「後席トライアングルモード」があります。

さらに、セカンドシートを前にスライドすることで、より近い距離でみんなとの会話を楽しむことができる「だんらんモード」といっアレンジも可能となっています。

トヨタ ノアの8人乗りならこんなシートアレンジがおすすめ!

8人乗りモデルは、シートアレンジ次第でのんびりくつろぐスペースを確保できるので、長時間運転することが多い人にはとてもおすすめです。

まず、「フロントフラットソファモード」はフロントシートを倒してセカンドシートと合わせることで、仮眠時などに広々としたスペースを作ることができます。さらに、もっと身体を伸ばして休みたいときは後部座席をすべてフラット状態にすることで完全に横になれるスペースを確保できます。

シートアレンジを使うときは転倒してしまったりすると危険なので必ず停車中に行いましょう。これだけ広々としたくつろぎスペースを確保できるのはノアならではの強みです。ぜひ、オールフラットな車内を体験してみてください。

トヨタ ノアはシートアレンジ次第で収納スペースが拡大!

のんびりくつろぐことのできるシートアレンジも魅力的ですが、さらなるシートアレンジ次第では、収納スペースを拡大することができます。まず、サードシートを収納することで、セカンドシートまで人が乗っていたとしても余裕をもって荷物を積むことができます。セカンドシートへの圧迫感もないのでとてもおすすめです。

また、このスペースでもまだ足りないなという方には、「ビッグラゲージモード」がオススメです。自転車などの奥行きがあるものでも積むことが可能です。

セカンドシートを前へスライドさせてサードシートの両サイドをたたむだけで、後列のスペースを全部荷室として使うことができるので、荷物が多いときにはぜひこのアレンジを試してみてください。

なお、これらのシートアレンジをするときは、自転車や背の高い荷物を積むと倒れてしまう恐れがあるので、しっかり固定をしてから積むようにしてください。加えて、後方確認の視界の邪魔にならないように安全面もしっかりと考慮して気をつけましょう。

トヨタ ノアは5ナンバーミニバンの中でも多彩なシートアレンジができるクルマです。くつろげるタイプや子供のケアがすぐにできるタイプ、荷室のスペースを拡大させるタイプなど、様々なシートアレンジのタイプがあるので、興味がある方は実際に全てを試してみるのも良いでしょう。

シートアレンジは、シートを移動させることが必要なので、力が必要で大変そうに思われるかもしれませんが、シート横にあるマルチスライドレバーを2段階に分けて引くだけで簡単にできるので、力のない方でも安心です。

また、どのアレンジシートをする時にも、必ず安全面に考慮して視界を妨げることのないよう配慮し、事故につながらないよう十分に注意してください。安全を意識しつつ、自分の生活にあったシートアレンジをみつけ、最大限にトヨタ ノアを楽しんでみてはいかがでしょうか。

商品詳細