トヨタ ノア (3代目) の荷室(ラゲッジルーム)はどれくらい広い?引っ越しにも使える?

画像4

※この記事には広告が含まれます

今回はトヨタ ノアの荷室の広さと活用の仕方を紹介していきます。たくさん買いものした時クルマの荷室に荷物がおさまらなかったり、大人数で移動するときに窮屈で困ったりした経験はありませんか?5ナンバーミニバンの代名詞であるトヨタ ノアであれば、そんな心配はいりません!

たくさん荷物が載せられることはもちろん、高さがあるものも載せることができ、さらに最大8人もの乗車が可能なのです。そんなトヨタ ノアの荷室はどれくらいの広さなのでしょうか?

文・PBKK
Chapter
ノア の荷室の広さはどれくらい?
ノア は荷室を広くすることができる!
ノアの荷室には床下収納も完備!
ノア の広い荷室はこんな使い方がオススメ!

ノア の荷室の広さはどれくらい?

荷物を載せるとき、クルマのフロアが高いと、その分持ち上げて載せなけらばいけないので、疲れてしまいます。しかし、トヨタ ノアにはそのような心配がいりません。地面から荷室の高さまでなんと50mmと、とても低いため荷物の出しおろしが簡単にできます。では荷室の広さはどうでしょうか?

トヨタ ノアの荷室の開口高は1250mmと背の高い荷物も問題なし。さらに、荷室開口幅は1210mmと幅の広い荷物も積むことが可能です。
容量は荷室だけで281Lとかなり大容量です。アウトドアグッズやベビーカーなど荷物がたくさんあるときも余裕をもって積めるのでとてもおすすめです。一部、ホイールハウス間が少し出ているのでその部分は985㎜と狭くなりますが、それでも十分な広さがあるので日常生活ではそれほど大きな支障は出ないでしょう。

ただ注意していただきたいのが、荷物をたくさん積むことには問題はないのですが、運転の際には後方視界の確保を必ずするようにしてください。また、走行中に荷物が転倒するととても危険なので、背の高い荷物は転倒しないように固定するなど工夫が必要です。

ノア は荷室を広くすることができる!

トヨタ ノアの荷室はじゅうぶん広いといわれていますが、自転車など載せるとなれば、もっとスペースがあるととても便利です。そんな時には、シート移動をすることでより広いスペースを確保することができます。

サードシートまで展開した状態だと荷室の奥行きは315㎜ありますが、サードシートを移動することで1000㎜3倍以上の奥行きを確保することが可能になります。さらに、セカンドシートもたたむことで1690㎜と広大な奥行きを確保することができます。

ちなみに、6:4の分割シート仕様の場合は、サードシートをたためば1020㎜の広さになり、セカンドシートもたたむと1770㎜というように、より大きなスペースを確保することができます。

シートの収納もワンタッチでできて力がいらないので簡単に荷室を広げることが可能です。これほど荷物をたくさん積むことができるなら、結構場所を取ってしまうキャンプ用品などたくさん積めるのでアウトドアが好きな方にはとてもおすすめです。

ノアの荷室には床下収納も完備!

トヨタ ノアには一般的な荷室だけでなく、なんと床下にも収納スペースがあります。床上部分だけでもかなりの収納スペースと容量がありますが、さらに床下にも収納があるとはとても驚きです。

ただし、サードシートが跳ね上げ式収納であればシートを収納した状態でも床下収納を使うことができますが、床下の格納タイプであればサードシートを収納してしまうと使うことができないので注意が必要です。

この床下収納の深さは約200㎜あるので少し高さがあるものでも余裕で収納することが可能です。ハイブリッド使用の場合は、補助用のバッテリーが置いてあるので若干収納スペースが狭くなりますが、それでもちょっとしたものを収納するにはじゅうぶんな広さと言えるでしょう。

ノア の広い荷室はこんな使い方がオススメ!

トヨタ ノアの荷室の広さは日常生活ではじゅうぶんすぎるほどです。そこで、広さをもっと最大限に活用できる使い方をいくつか紹介していきます。

例えば、アウトドアが好きな方にはこの広さはとても便利だと思います。今人気のキャンプですが、テントや、調理道具などたくさんのものを準備する必要があります。トヨタ ノアの広い荷室があればそんなストレスもなく荷物を積むことができます。

また、シートもたたんで荷室を最大限に広くすることで車中泊も余裕をもってすることができます。テーブルを置くことができてちょっとした休憩ができるので、こういった使い方もおすすめです。もし仮眠をとりたいときには、シートにマットなど敷けばゆったりとしたスペースで寝ることができます。
クルマの購入を考えているときに、燃費や乗り心地を重視することが多いと思いますが、実は荷室の使い勝手もかなり重要になります。荷物を積むときに持ち上げるのが苦にならない高さであるか、荷室の高さはどれくらいあるのか、横幅はどのくらいあるのかを知っておくのがとても大切です。

大きな買い物をするときもクルマに積むことができるのかを考える心配がなくなるのでスムーズに買い物ができてストレスが減ると思います。さらに、シートを移動して荷室の広さを拡大することで、小さいお子様がいるときに必要なベビーカーやオムツなどのスペースを取ってしまうものも楽々積むことができます。

他にも、自転車を載せたりマットを敷くことで休憩できたりするのでアウトドアや車中泊をする機会が多い方にはとてもおすすめです。床下にも収納スペースがあるのでよりたくさんの荷物を載せることができます。トヨタ ノアの荷室を最大限に生かして自分の生活に合った使い方を見つけてください。

商品詳細