トヨタ 3代目ノア(ZRW80W/ZRR80W/ZRR85WZRR80G/ZRR85G型)の8つのグレードを徹底比較!おすすめのかっこいいグレードはこれだ!!

トヨタ ノアは2001年に登場以降、トヨタを代表するミニバンとしてヒット車種となりました。

現在では2014年に登場したトヨタ 3代目ノア(ZRW80W/ZRR80W/ZRR85WZRR80G/ZRR85G型)へとフルモデルチェンジし、ハイブリッドモデルの設定や安全支援システムの充実など、多くのアップデートが行われました。今回は、そんな3代目ノアのグレードを紹介していきます。

Chapter
トヨタ 3代目ノア X【価格:255万6,400円~】
トヨタ 3代目ノア G【価格:282万4,800円~】
トヨタ 3代目ノア Si【価格:281万3,800円~】
トヨタ 3代目ノアHYBRID X【価格:305万9,100円】
トヨタ 3代目ノア HBRID G【価格:321万8,600円】
トヨタ 3代目ノア HYBRID Si【価格:334万7,300円】
トヨタ 3代目ノア Si”WxBⅢ”【290万9,500円~】
トヨタ 3代目ノアSi”GR SPORT”【価格:330万6,600円】

トヨタ 3代目ノア X【価格:255万6,400円~】

「X」は、トヨタ 3代目ノアのなかでもっとも価格の低いグレードです。

エンジンは他のグレードと同じ排気量2L 直列4気筒の3ZE−FAE型を搭載し、実際の走行状況に近いとされるWLTCモード燃費で13.6㎞/Lを達成。ミドルサイズミニバンとしては良好な数値を誇っています。

一方で価格を抑えるために、予約ロック機能付きパワースライドドアやスマートエントリーシステムなどの快適装備はオプションとされ、バックドアイージークローザーは、オプションも用意されていません。

一方でトヨタ独自の安全装備である「Toyota Safety Sence」は標準装備され、安全性に抜かりはありません。

また、「X」には上位グレードと同様に7人乗りと8人乗りがラインナップされています。

8人乗りではフロントシート(前席)から2+3+3人乗りとなり、2列目シートと3列目シートは横1列につながっていますが、7人乗りでは2+2+3人乗りとなり、2列目シートが左右独立したキャプテンシートに変更され、5種類のシートアレンジが可能となっています。

なかでも、2列目シートをロングスライドさせ、リビングのように過ごせる「スーパーリラックスモード」と、同じく2列目シートを左右にスライドさせ両側スライドドアから3列目シートへのアクセスしやすくした「フリーアクセスモード」は、2列目シートを柔軟に動かせる7人乗り仕様ならではのシートアレンジと言えるでしょう。

さらに、2WD(前輪駆動)と4WD(4輪駆動)が設定され、普段の移動はもちろん、アウトドアやウィンターレジャーなど幅広いニーズに対応できる点も見逃せません。

価格は8人乗りの方が低く、8人乗りの2WDが255万6,400円、4WDが276万5,400円。7人乗りの2WDが258万7,200円、4WDが279万6,200円となり、7人乗りの方が2WDと4WDそれぞれ3万800円高くなっています。

トヨタ 3代目ノア G【価格:282万4,800円~】

「G」は、トヨタ 3代目ノアの標準的なグレードにあたるモデルです。

「X」同様に7人乗りと8人乗り、2WDと4WDをラインナップ。7人乗りにはキャプテンシートが採用されています。

インテリア(内装)では、シートが快適温熱シートとなっているほか、エアコンにナノイーが装備され快適性が高い点が特徴的です。さらに、上質さを上げるためシートには消臭機能付きハイグレードファブリックを使用しています。

また、インパネ(インストルメントパネル)のマルチインフォメーションディスプレイは3.5インチから4.2インチTFTカラーディスプレイへと変更されています。

オーディオ環境も6スピーカーが採用され、トヨタ純正ナビ・オーディオのほか「T-connectSDナビゲーションシステム」もオプション装備としてラインナップされています。

価格は8人乗りの2WDが281万3,800円、4WDが303万3,800円。7人乗りの2WDが285万5,600円、4WDが306万4,600円と、「X」に比べてそれぞれ26万8,400円高くなっています。

トヨタ 3代目ノア Si【価格:281万3,800円~】

「Si」は、トヨタ 3代目ノアの中でエクステリア(外装)デザインなどに変更を加えた上級グレードです。

エクステリアにはスモークメッキ加飾された専用の大型フロントバンパー、フロントフェンダー、リア大型バンパー、リアスポーラー、大型サイドマッドガード、スモークメッキグリルなどを装備し、下位グレードでは15インチだったホイールも16インチアルミホイールへとサイズアップするなど、迫力のある外観となっています。

また、4WDではリアブレーキがドラム式からディスク式へと変更されるなど、制動力を高めている点も見逃せません。

価格は、8人乗りの2WDが281万3,800円、4WDが301万1,800円。7人乗りの2WDが284万4,600円、4WDが304万2,600円と、「G」に比べてそれぞれ1万1,000円アップしています。

トヨタ 3代目ノアHYBRID X【価格:305万9,100円】

「HYBRID X」は、トヨタ 3代目ノアのハイブリッドモデルのなかで、もっとも価格を抑えたグレードです。

価格を抑えるため、快適温熱シートやバックドアイージークローザーなどの装備が省略されていますが、ガソリンエンジンモデルで同じ位置づけとなっている「X」同様にトヨタ独自の安全装備である「Toyota Safety Sense」を標準装備するなど、安全面に抜かりはありません。

また、ハイブリッドモデルでは乗車人数を7人乗りのみとすることで、全グレードで2列目シートがキャプテンシートとなり、ガソリンエンジンモデルに対して高級志向の仕上がりとなっています。

駆動方式は2WDのみとなり、価格は305万9,100円と、「X」の7人乗りと比べて47万1,900円アップしました。

トヨタ 3代目ノア HBRID G【価格:321万8,600円】

「HBRID G」は、「HYBRID X」から快適装備や安全装備を充実させたグレードです。

エクステリアでは、LEDフォグランプやバックドアイージークローザーを標準装備し快適性を高め、インテリアではフロントシートにシートバックポケットを追加。さらに快適温熱シートが奢られ、リアヒーター・リアクーラー付きリアオートエアコンを備えています。

また、コントロールパネルやトリムはピアノブラック加飾され、インサイドドアハンドルにメッキ、ドアトリムオーナメントは合成皮革を使用するなど高級感を高めています。

価格は321万8,600円と、「HYBRID X」と比べ15万9,500円高い値段設定となっています。

トヨタ 3代目ノア HYBRID Si【価格:334万7,300円】

「HYBRID Si」は、ガソリンエンジンモデルの「Si」同様に専用のエクステリアパーツをまとったグレードです。

基本的には「Si」と同様の装備となっていますが、ホイールにはBBS製鍛造16インチアルミホイールが奢られ、単純な「Si」のハイブリッドモデルではない点にトヨタのこだわりが伺えます。

価格は334万7,300円と、「HYBRID G」に比べて12万8,700円高い価格設定です。

トヨタ 3代目ノア Si”WxBⅢ”【290万9,500円~】

「Si”WxBⅢ”」 は、エクステリアとインテリアに専用に用意されたパーツを装備して、快適性とスタイリッシュさを高めたモデルです。

「Si”WxBⅢ”」は「Si」をベースとし、ボディーカラーはホワイトパールクリスタルシャイン、ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレーク、ブラック、ブラッキッシュアゲハガラスフレークの4色を設定。スモークメッキが随所に使用され、上質な輝きを放っています。

インテリアも合成皮革とファブリックにホワイトステッチを組み合わせた専用シート表皮が奢られ、特別仕様車にふさわしい質感を備えている点も魅力的ですね。

「Si”WxBⅢ”」にはガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルがラインナップされ、ガソリンエンジンモデルは8人乗りの2WDが290万9,500円、4WDが310万7,500円。7人乗りの2WDが294万300円、4WDが313万8,300円。

そしてハイブリッドモデルが344万3,000円となり、ガソリンエンジンモデルやハイブリッドモデルの「Si」からそれぞれ約10万円アップしています。

トヨタ 3代目ノアSi”GR SPORT”【価格:330万6,600円】

「Si”GR SPORT”」は、トヨタのスポーツブランド「GR」による専用のチューニングが施されたグレードです。

走りの機能を考えて作られたGR専用エアロパーツで身を包み、専用足回り、専用ブレーキをはじめ、ボディー下部には補強パーツと空力パーツを取り付けて走りのパフォーマンスを高めています。

インテリアではスポーツカーを彷彿とさせる専用ステアリングやスポーツシートを備え、内装色も黒でスポーティーさを演出しています。

価格は、330万6,600円と、ベースとなった「Si」の7人乗りモデルと比べると、46万2,000円高い値段設定となっています。

3代目ノアには、「Si」や「HYBRID Si」などの専用のエクステリアパーツをまとった下位グレードとは異なるエクステリアを備えた魅力的なグレードがラインナップされています。

なかでも「Si」がベースとなっている「Si"GR SPORT"」はスポーツカーのようなエクステリアデザインを持ち、スタイリングでは他のグレードを寄せ付けないカッコよさが魅力的な1台と言えるでしょう。

※2020年10月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK