【プロ解説】ジャガーF-PACE(Fペイス)の安全装備を徹底解説!!

ジャガーF-PACE(Fペイス)の安全装備はどんな内容?。安全装備というと最近は運転支援システムが注目されがちですが、ジャガーF-PACEはボディの骨格部分から安全性の高さにこだわっています。ここではF-PACEの安全性能について紹介しましょう。

文/写真・萩原文博

Chapter
ジャガーF-PACE(Fペイス)はアルミボディでかつ高剛性。さらにジャガーのテクノロジーで安全性を担保する
ジャガーF-PACE(Fペイス)のトラクション性能とは?AWDシステムを解説
ジャガーF-PACE(Fペイス)に標準装備されている安全装備とは?
【ジャガー F-PACE 】ジャガー(JAGUAR)初のSUV! スポーツカーブランドが作るSUVの走りとは?JAGUAR F-PACE R-SPORT 2.0L D180

ジャガーF-PACE(Fペイス)はアルミボディでかつ高剛性。さらにジャガーのテクノロジーで安全性を担保する

ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博

ジャガーは10年以上にわたり、アルミニウム技術で世界をリードしている自動車メーカーです。F-PACEに採用された最新鋭のアルミニウムボディ構造は、ボディサイド、ボンネット、フロントウィングを除く車体の約80%にアルミを採用。この結果、強度と剛性を高めながら相反する軽量化を実現しています。

ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博
ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博

こうして、すべての乗員を安心感で包みながら、優れたハンドリングとブレーキ性能を発揮し、クルマの基本性能である“走る”“止まる”“曲がる”の3つの要素を向上させているのです。 F-PACEは全車AWDと呼ばれる全輪駆動を採用しています。通常走行時は後輪駆動に設定され、スポーツカーに匹敵するハンドリング性能や俊敏な身のこなしを実現しています。

ジャガーF-PACE(Fペイス)のトラクション性能とは?AWDシステムを解説

ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博

そして、道路の路面状況が悪化したり、凍った道などの低μの路面で加速したりする場合には、前輪にトルクを移行してトラクションを確保し、あらゆるしーんで快適なドライビングを確保します。 そして、F-PACEのAWDシステムの最大の特徴は、予測機能を備えたインテリジェントドライブラインダイナミクス(IDD)にあります。このシステムは、ホイールがスリップしてから反応する他のシステムと異なり、IDDはセンサーを用いて、スロットルとステアリング操作を想定し、スリップを予測。

ジャガー F-PACE

これらの操作を絶えず調整するとともに、エンジン、トランスミッション、トラクションコントロールのレスポンスと比較することで、得られるトラクションを計算し、グリップ力が失われる前に最適なトルク配分を行うというものです。

静止状態でも0.165秒、走行中は0.1秒で後輪駆動から前輪駆動への移行を完了します。IDD採用のAWDシステムによって、どんな路面状況でも傑出したパフォーマンスとコントロール性を発揮してくれます。 

ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博

さらに、F-PACEはコーナリング性能を最大化させるために、トルクベクタリングバイブレーキを採用しています。このテクノロジーは、コーナリング時に内側の前輪と後輪にそれぞれブレーキをかけることにより、車両の旋回力を向上させます。内側後輪にはコーナリング性能を最大化させるためにより強いブレーキをかけ、内側前輪は精度の高い走りを実現するための制御を行います。

その結果、アンダーステアを抑制し、いかなる状況でもタイヤが路面に吸い付くような安定感をもたらします。こうして、F-PACEはスポーツカーのような俊敏で安定した走りを実現し、ドライバーに自信を与えてくれます。 このほかにも、走行中の車両の挙動をきめ細かくモニターし、グリップを最適化して安定性を高めてくれるDSC(ダイナミックスタビリティコントロール)やスリップしやすい状況において、強力なエンジンブレーキがかかった際に起こりやすい、車輪のロックを抑制するEDC(エンジンドラッグトルクコントロール)を搭載しています。 

ジャガー F-PACE SVR

そしてF-PACEは市街地や高速道路での運転操作のアシストから乗員の安全強化まで多彩な革新的テクノロジーを採用しています全車に標準装備となっているのは以下のような内容になっています。

・エマージェンシーブレーキ
・レーンキープアシスト
クルーズコントロールとスピードリミッター
・フロント/リアパーキングエイド

ジャガーF-PACE(Fペイス)に標準装備されている安全装備とは?

ジャガーF-PACE(Fペイス)のエマージェンシーブレーキを解説

ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博
ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博

エマージェンシーブレーキは、他のクルマや自転車、歩行者などとの衝突回避を支援する機能です。走行中に衝突の危険を察知すると、表示とブザーでドライバーに警告を行います。フロントに設置されたカメラにより、5〜80km/hの走行時には正面衝突の危険を監視。

5〜60km/hの走行時には歩行者との衝突も監視します。それでも衝突が避けられないと判断した場合は、自動的にブレーキをかけて衝突時の衝撃を軽減させます。

ジャガーF-PACE(Fペイス)のクルーズコントロールとスピードリミッターを解説

ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博

クルーズコントロールとスピードリミッターは、アクセルを踏み続けなくても一定速度を維持できる機能で、ドライバーの疲労を軽減します。また、設定した最高速度を超えないように車速を制限するスピードリミッターを採用。ともに必要に応じて、簡単にオン/オフを切り替えることが可能です。

ジャガーF-PACE(Fペイス)のドライバーコンディションモニターを解説

ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博

ドライバーコンディションモニターは、ステアリングの操作状況やブレーキ、アクセルペダルの動きからドライバーの眠気や疲れの兆候を検知し、早めの休息を促します。

ジャガーF-PACE(Fペイス)のレーンキープアシストを解説

ジャガー F-PACE

レーンキープアシストはウィンカー操作なしに、車線から逸脱すると、自動的に半取りを制御してクルマをレーン内に戻す機能です。

ジャガーF-PACE(Fペイス)のフロント/リアパーキングエイドを解説

ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博
ジャガー F-PACE R-SPORT 2.0L D180 Eiger Grey 萩原文博

フロント/リアパーキングエイドは、ギアをリバースに入れるか、手動でシステムをオンにすると、フロント/リアバンパーに設置されたセンサーが作動。

駐車操作中はタッチスクリーン表示と音によって障害物の距離を示してくれます。 この標準装備の機能以外にもたくさんの機能がオプション設定されていて、快適なドライブをサポートしてくれる機能が充実しています。

【ジャガー F-PACE 】ジャガー(JAGUAR)初のSUV! スポーツカーブランドが作るSUVの走りとは?JAGUAR F-PACE R-SPORT 2.0L D180

2016年に日本デビューを果たした、ジャガー F-PACE。デビューから4年経った現在では、SUV市場は激戦を極めます。スポーツカー作りを得意とするジャガー、初のSUVは今でも競争力はあるのでしょうか。河西啓介がチェックします。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ