【プロ解説】現行型ランクルプラドのグレードの違いは? TZ-GとTX Lパッケージを徹底解説!

2017年10月、マイナーチェンジを果たしたトヨタランドクルーザー プラド。ランドクルーザープラドは、力強さと先進性をより一層高めたエクステリアに変更され、「Toyota Safety Sense P」という安全装備を全車に標準装備しています。さらに、ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルに採用したトルセンLSD。TZ-Gには、シーンに合わせて5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトを標準装備しています。
今回は、トヨタランドクルーザープラドの外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からトヨタランドクルーザープラドをひも解いていきます。

文/写真・萩原文博

Chapter
現行型ランクルプラドのグレードの違いは?!
現行型ランクルプラドのTZ-GとTX Lパッケージとの違いは随所に現れる
ランクルプラド最上級グレードのTZ-Gにはドライブモードセレクトが装備
陸の王者、トヨタ ランドクルーザープラド!その快適性と使い勝手を徹底チェック!

現行型ランクルプラドのグレードの違いは?!

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

ランドクルーザープラドはベーシックグレードのTX、そしてTXに快適装備を追加したTX Lパッケージ。さらに、最上級グレードのTZ-Gの3グレードが基本となります。TX、TX Lパッケージは2.7L直4ガソリンエンジンと2.8L直4ディーゼルターボエンジンが搭載され、乗車定員も5人乗りと7人乗りが選ぶことができます。

一方の最上級グレードのTZ-Gは搭載されるエンジンは2.8L直4ディーゼルターボの1種類で、乗車定員も7人乗りのみとなっています。ここでは、TX、TX LパッケージそしてTX-Gのグレードによる装備の違いを見てみましょう。

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

グレード:TZ-G

まず、装着されるアルミホイールですが、TXとTX Lパッケージは265/65R17サイズのタイヤ&17インチのシルバー塗装のアルミホイールが標準装備されるのに対して、TZ-Gは265/55R19サイズのタイヤ&19インチの切削光輝+ダークグレーメタリック塗装のアルミホイールが標準装備となります。

現行型ランクルプラドのTZ-GとTX Lパッケージとの違いは随所に現れる

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

エクステリアでは、2.8Lディーゼルターボ車のTZ-GとTX Lパッケージはドアベルトモールディングがクローム処理されるのに対して、そのほかのグレードはドアベルトモールディングがブラックとなります。

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

グレード:TZ-G

さらに、サイドステップがTZ-Gは照明付のカバー付サイドステップが装備される一方、その他のグレードは照明なしのカバー付きサイドステップとなります。 

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

グレード:TZ-G

インテリアでは、TZ-Gは木目調・本革巻き4本スポークステアリングホイール(電動・オートアウェイ&リターン)を標準装備しています。そしてTX Lパッケージは本革巻きの4本スポークステアリングホイールを装着。

TXは4本スポークステアリングホイールとなるなどグレードによってステアリングの素材とデザインが変わります。さらに、TZ-GとTX Lパッケージはシフトノブ&パーキングブレーキレバーが本革巻きとなる一方、TXのシフトノブ&パーキングブレーキレバーはプラスチックとなります。

そして、TZ-Gのセンタークラスターパネル&インサイドドアハンドルは金属調ヘアラインを採用し、上質さを演出。

ランドクルーザープラド 2017
トヨタ ランドクルーザープラド 2017

グレード:TX Lパッケージ

さらにTZ-GとTXLパッケージはセンタークラスターサイドニーパッドにステッチ付の本革。エアコンのレジスターに金属調加飾、そしてシートバックポケットの縫い目を強化するなど上質さと利便性が向上しています。 シート表皮はTXがファブリックで、TX LパッケージとTZ-Gは本革となります。

また、オーナメントパネルはTXがブラックになりますが、TX LパッケージとTZ-Gはインテリアカラーに合わせて、ダークブラウンの木目調かライトブラウンの木目調+金属調加飾を選ぶことができます。

ランクルプラド最上級グレードのTZ-Gにはドライブモードセレクトが装備

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

グレード:TZ-G

続いてはメカニズム系の装備差です。最上級グレードのTZ-GにはAVS(パワーステアリング連動)&リア電子制御エアサスペンション、KDSS(キネティックダイナミックサスペンション)が標準装備となります。さらに、リアトルセンLSD、ドライブモードセレクトも標準装備となります。

トヨタ ランドクルーザー プラド 萩原文博

そして、快適装備の差を見てみましょう。本革シート標準装備となるTX LパッケージとTZ-Gは運転席8ウェイ、助手席4ウェイのパワーシート。そして運転席・助手席の快適温熱シート+シートベンチレーション機能が標準装備となります。さらにサードシートは電動で、背もたれを倒したり、フロアに収納することが可能となっています。

陸の王者、トヨタ ランドクルーザープラド!その快適性と使い勝手を徹底チェック!

陸の王者といえば、ランクル。2017年10月、マイナーチェンジを果たしたトヨタランドクルーザー プラド。ランドクルーザープラドは、力強さと先進性をより一層高めたエクステリアに変更され、「Toyota Safety Sense P」という安全装備を全車に標準装備しています。さらに、ランドクルーザーシリーズとして初めてリヤディファレンシャルに採用したトルセンLSD。TZ-Gには、シーンに合わせて5つの走行モード(NORMAL、ECO、COMFORT、SPORT S、SPORT S+)を選択できるドライブモードセレクトを標準装備しています。 今回は、トヨタランドクルーザープラドの外装、内装、安全装備、グレード別の違い、人気カラー、座席や荷室(ラゲージスペース)、オプション装備にライバル比較など、あらゆる視点からトヨタランドクルーザープラドをひも解いていきます。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博|はぎはら ふみひろ