【画像大量】モデルチェンジ後のランクル200の実車 遂に見れた~!

2015年8月17日にトヨタの最高級SUVランクル200(ランドクルーザー200)がビッグマイナーチェンジを行いました。

今回の大幅なモデルチェンジでは、このランクル200(ランドクルーザー200)のフロントマスクを一新。見た目・エクステリアが大幅に変更されました。

そんなランクル200(ランドクルーザー200)ですが、発売されてから数週間経つのに生産が追いつかないためか、どのディーラーにも実車が展示されていない状態・・・。

しかし、ようやくお台場にあるメガウェブ(MEGA WEB)でこのクルマが展示される事に・・・。

私もこのクルマが気になっていたので、早速見に行ってきたのですが、やはりホンモノはスゴイ!!

モデルチェンジをしたランクル200(ランドクルーザー200)は、遠くから見てもスグに分かるくらいインパクトがありました。

このランクル200(ランドクルーザー200)の写真をいつも通りたくさん撮ってきたので、紹介したいと思います。

2015/9/5

Chapter
モデルチェンジ後のランクル200のエクステリア
モデルチェンジ後のランクル200のインテリア

モデルチェンジ後のランクル200のエクステリア

マイナーチェンジ後のランクル200(ランドクルーザー200)の外装・エクステリアの様子は、このようになっています。

ちなみに、今回私がみたグレードは、最上位グレードのZXグレードです。そして、カラーはダークブルーマイカ。

今回私が見たランクル200(ランドクルーザー200)のダークブルーマイカは新色なのですが、思ったよりも落ち着いたカラーで良かったです。

大胆になったランクル200(ランドクルーザー200)のボディデザインにマッチしていて、とても好印象でした。

そんなランクル200(ランドクルーザー200)の外装・エクステリア写真をまとめて一気に紹介します。

エクステリア全体

正面から

横から

後ろから

荷室・ラゲッジスペースをオープン時

ヘッドライト

リアコンビネーションランプ

フロントグリル

エンジンルーム

トヨタセーフティセンスP

20インチタイヤ&アルミホイール

ランクル200のエクステリアを見た感想

今回、ようやくマイナーチェンジ(マイチェン)をしたランクル200を見る事ができたのですが、まったく別のクルマのようですね。

こちらがマイナーチェンジ前のランクル200(ランドクルーザー200)。

そして、こちらがマイナーチェンジ後のモデル。

エンジンや基本的なボディサイズはまったく一緒ですが、見た目だけを見比べると、フルモデルチェンジをしたみたいですよね。

車格が先代モデルよりもアップしたように感じました。

モデルチェンジ前のランクル200(ランドクルーザー200)と比べて、特に変わったのは、フロントグリルのデザイン。

先代モデルは、このように4本のグリルバーを採用していましたが、今回ビッグマイナーチェンジをしたランクル200(ランドクルーザー200)は、太めの3本グリルバーを採用。

先代モデルに比べて、迫力があるフロントマスクになって良かったです。

また、以前、ディーラーでこのクルマの販売マニュアルを見せてもらった時に気になっていたのたが、フードセンターのデザイン。

今回ビッグマイナーチェンジをしたランクル200(ランドクルーザー200)は、フードセンターが大きくエグッたようなデザインにを採用。

この大きくエグられたフードセンターのデザインはどうなのか!?と、多少不安に思っていたのですが、思っていたよりも良い!

フードセンターもエグッたようなデザインも思ったよりもマッチしていて良かったです。

個人的にはマイナーチェンジ前のランクル200(ランドクルーザー200)よりも今回のデザインの方が個人的には好みでした。

モデルチェンジ後のランクル200のインテリア

マイナーチェンジ(マイチェン)のランクル200(ランドクルーザー200)のインテリア・内装のデザインも大幅に変更されました。

マイチェン後のモデルのインパネのデザインは、このようになっています。

そして、ライトをつけると、室内のスイッチもこのように光ります。

そして、こちらがマイナーチェンジ前のインパネのデザイン。

先代モデルは、どちらかと言うと木目調のパネルを多用したデザインになっていましたが、今回は、金属を削りだしたようなシルバーをあしらったデザインに・・・。

先代モデルと比べて、先進性のあるデザインになっていると思いました。

また、ランクル200(ランドクルーザー200)ではメーターにオプティトロンメーターを採用。

エンジンを立ち上げると、このように鮮やかなメーターが表示されます。

とても見やすくこのメーターも好印象でした。

また、シフトレバーやセンタークラスターなどもシルバーの加飾がされていて、とてもオシャレでした。

シフトレバー

センタークラスター

また、今回は内装色も新しくブラウンが加わり全4色あから選べるようになりましたが、今回私がみた内装色は、ブラック。

そんなランクル200(ランドクルーザー200)のシートデザインは、このようになっていました。

フロントシート

セカンドシート

サードシート

ちなみに、コチラがモデルチェンジ前のフロントシートやサードシート。

モデルチェンジ前にシートに比べて、シッカリとした作りのレザーシートになっていました。

このちょっとシッカリとした座り心地も私好みで良かったです。

また、ランクル200(ランドクルーザー200)の荷室・ラゲッジスペースは、このようになっていました。

マイナーチェンジ前に比べて大幅に変更は無いようです。ただ、スイッチ一つで3列目シートが格納されるなどマイナーチェンジ前のモデルから引き継いだ機能は、相変らず使い勝手が良いと思いました。

ただ、3列目シートを戻す時の重さも同じでしたが・・・。

このように今回ビッグマイナーチェンジをしたランクル200は、大幅にエクステリアやインテリアのデザインが変更されました。

ただ、メガウェブ(MEGA WEB)にいたスタッフの方に話を聞くと今回の見た目の大幅変更は、概ね高評価のようです。

私もマイナーチェンジ前のデザインに比べて、
今回のデザインの方が迫力があって、良いと思いました。

少し内装・インテリアのデザインがスタイリッシュすぎて、ランクル200(ランドクルーザー200)っぽさは薄れたな~っと気がしましたが・・・。

見た目が大幅に変更したランクル200(ランドクルーザー200)は現在のところ納期・納車待ちは、かなり長くなっているようです。

しかし、長期間待ってでも購入する価値は、あるのかなと思いました。