65.9万円から...今が買い時?ホンダN-BOXを中古で手に入れた方が良い理由

ホンダ N-BOX 萩原文博

2011年11月に登場した軽スーパーハイトワゴンのホンダN-BOX。ホンダが、「日本にベストな新しいのりものを創造したい」という思いから開発された、新世代軽自動車の第1弾モデルです。フィット譲りのセンタータンクレイアウトを採用することで、軽乗用車最大級の室内空間を実現。プレーンなデザインのN-BOXと押し出し感のあるN-BOXカスタムという存在感のあるデザインやクラストップレベルの低燃費性能によって軽乗用車に革命をもたらしました。

文/写真・萩原文博

Chapter
初代N-BOXは、まさに軽自動車の革命のはじまりだった
ボディ骨格から一新するほどの気合い。現行型2代目N-BOX
現行型2代目N-BOXのエクステリアをチェック!
現行型2代目N-BOXのインテリアをチェック!
現行型2代目N-BOXのパフォーマンス&安全性能をチェック!
なぜ今、 N-BOXを中古で買うべきなのか?

初代N-BOXは、まさに軽自動車の革命のはじまりだった

「日本の人や街、生活をとことん見つめて、誰もが使いやすいものを作りたい」そうした思いで開発された第一世代のNシリーズは、2016年11月の時点で累計販売台数150万台を突破。発売から約5年で、4回の軽乗用車新車販売台数第1位に輝いた軽自動車のベストセラーモデルです。 2011年〜2017年まで販売された初代N-BOXは販売開始以降、一部改良やマイナーチェンジを重ねて商品力を向上させています。

2012年の一部改良では、自然吸気エンジンの高効率化により、燃費性能を向上させています。2013年に行ったマイナーチェンジでは全エンジンの高効率化が図られて、燃費性能が向上。また安全面ではシティブレーキアクティブシステムやサイドカーテンエアバッグシステム、前席用i-サイドエアバッグシステム(容量変化タイプ)をひとまとめにした「あんしんパッケージ」をオプション設定としました。

ホンダ N-BOX カスタム 

2015年2月のマイナーチェンジでは、内外装のデザインを刷新。N-BOXにはオプションで、スライド機能を追加したチップアップ&ダイブダウン機構付きスライドリアシートを設定。さらに自然吸気エンジンの燃費性能は25.6km/Lまで向上しました。 約5年販売された初代N-BOXにはSSパッケージと呼ばれる装備が充実した特別仕様車が度々設定されているのが特徴です。 

ボディ骨格から一新するほどの気合い。現行型2代目N-BOX

現行型2代目N-BOXカスタム

2017年8月に2代目となる現行型N-BOXが登場しました。見た目以上に進化の幅は大きく、まずボディの骨格から一新されました。わずか1世代しかプラットフォームを使用しないということは珍しく、ホンダの現行型N-BOXに掛ける想いを感じます。一新されたボディは高効率フロアフレーム構造や高張力鋼板の採用拡大をはじめ、ルーフサイドの溶接にルーフレーザーブレーズを採用することで、軽量化と高剛性を両立させています。

また、搭載されているエンジンも一新。最高出力58psを発生する660cc直3自然吸気エンジンにはホンダ独自のi-VTEC、そして最高出力64psを発生するターボエンジンには電動ウェストゲートを軽自動車として初めて採用しました。両エンジンに組み合わされるトランスミッションは全車CVTで、駆動方式は全グレードで2WD(FF)と4WDを設定。燃費性能は新方式のWLTCモードで19.0〜21.8km/Lを実現しています。 

外観を2タイプ用意するほかに、従来のベンチシートに加えて、助手席のスライド量を570mmというロングスライドを可能とした助手席スーパースライド仕様も設定され、インテリアも2種類から選べるようになりました。注目の安全装備は、ホンダ独自の運転支援システムである「ホンダセンシング」を軽自動車ではじめて採用。高速道路などで追従走行が可能なアダプティブクルーズコントロールをはじめ、10の機能がパッケージングされた「ホンダセンシング」を標準装備としました。これにより、軽自動車の中で、現行型N-BOXは運転支援システムが最も充実したモデルとなりました。その後2018値にはスロープ仕様が追加され、2019年の一部改良では、運転支援システムのホンダセンシングがバージョンアップ。衝突軽減ブレーキの検知機能が向上し、横断する自転車も認識できるようになりました。

<次のページに続く>
次ページ
現行型2代目N-BOXのエクステリアをチェック!

萩原 文博|はぎはら ふみひろ

1970年生まれ。10代後半で走り屋デビューし、大学在学中に中古車情報誌の編集部にアルバイトとして加入。1995年より編集部員として編集作業に本格的に携わる。中古車の流通、販売店に精通し、「中古車相場師」として活動。2006年からフリーランスの編集者となり、中古車だけでなく、現在は日本で最も多くの広報車両を借り出して取材を行い、新車でもユーザー視点のバイヤーズガイドを中心に、人気車種の動向や流行りの装備の価値評価などを加味した、総合的に買いのクルマ・グレードの紹介をモットーとしている。

萩原 文博