【試乗動画】2代目ホンダ N-BOX NAモデルで高速道路試乗。ホンダセンシングを試す!

2代目ホンダ N-BOXのNAモデルで高速道路試乗をしてきました。2代目にはホンダセンシングが標準装備され、アダプティブクルーズコントロール(ACC)が搭載されるなど軽自動車とは思えない装備内容となっています。この動画では高速道路での走行性能やACCの使用感などをお届けします。N-BOXを検討中の方必見です!

Chapter
2代目ホンダ N-BOXってどんなクルマ?
ホンダセンシングってなに?

2代目ホンダ N-BOXってどんなクルマ?

ホンダ N-BOX 2017

2代目は2017年9月に販売を開始して以降、新車販売台数で20か月連続首位も守り、今日本で最も売れているクルマです。N-BOXは初代から軽自動とは思えないほど広大な室内空間を誇っており、人気の高いモデルでした。

そんなN-BOXがフルモデルチェンジにより2代目となり、ボディ、エンジン、ミッションを新設計され、さらに約80kgの軽量化とVTECエンジンにより力強い走りと、優れた燃費性能を両立しています。さらに、ホンダの先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」を標準装備し安全面の強化が図られました。

ホンダセンシングってなに?

ホンダセンシングは常にミリ波レーダーと単眼カメラで周囲の状況を認識し、ドライバーをサポートするシステムです。

2代目には「衝突軽減ブレーキ」や前後に障害物があり、誤ったペダル操作をした時に急発進を防止する「誤発進抑制機能」を始め、軽自動車で初となる高速道路等で先行車に追従して走行ができる「アダプティブクルーズコントロール」等10の先進運転支援システムが搭載されます。

軽自動車にもホンダセンシングが標準装備されることにより安全性・快適性が向上しています。詳しい内容は動画を見てください。