ホンダ ジェイドの多彩なシートアレンジで使い勝手を高めよう!

ホンダ ジェイドはワゴンのような低全高でありながら、ミニバンの居住性を備える器用な一台。そんなジェイドが2018年5月にマイナーチェンジを経て、従来の3列シート6人乗り仕様に加えて、新たに2列シート5人乗り仕様を設定しました。

多くの乗員を載せれるミニバンタイプとラゲッジルーム(荷室)が自慢のステーションワゴンタイプを用意することで選択の幅が広がりました。今回は、2タイプの長所を引き出すシートアレンジについて紹介します。

文・PBKK

Chapter
2列シート5人乗り仕様は荷室を最大限活用
シートアレンジなしでもかなり広々
シートを片方倒せば長物でもラクラク積載
レジャーでも大活躍
3列シート6人乗り仕様の座り心地はリムジン級
簡単操作で荷室へ変貌
キャプテンシートも可倒式
フロントシートも簡単操作
使い手を考え抜いた設計

2列シート5人乗り仕様は荷室を最大限活用

ホンダ ジェイドの写真

2列シート5人乗り仕様はステーションワゴンタイプとなるマイナーチェンジ後の新仕様で、従来までの3列シート6人乗り仕様とは異なり、広いラゲッジルームを備えていることが最大の特徴です。

ジェイド 2列シート5人乗り仕様の車内

2列シート5人乗り仕様にあたるグレードは、「G・Honda SENSING」と「RS・Honda SENSING」、「HYBRID RS・Honda SENSING」とガソリン車2種とハイブリッド車1種の計3種となっています。

リアシート(後部座席)の広さは座面から天井まで975mm座席の長さは475mmとなっており、ゆったり腰かけることができます。前後のシート間隔には余裕を設け、足を組んでも窮屈にならない十分な足回りを確保しています。

ホンダ ジェイドの収納

シートにはクッションのような厚みのある生地を採用していることで座り心地も良く、長時間のドライブでも極度に疲労を感じることはなさそうです。さらに、後部座席中央には二口のドリンクホルダーと小物の収納に便利な反転テーブルを備え使い勝手も抜群です。

ホンダ ジェイドのリアシート

リアシートは6:4で左右分割して倒せることに加えて、座席の操作は前後のどちらからでも行えます。ジェイドは乗員数と荷物量に応じて、ラゲッジルームのポテンシャルを最大に引き出す多彩なシートアレンジが可能となっています。

シートアレンジなしでもかなり広々

ホンダ ジェイドのラゲッジルーム

まず最初にシートアレンジなしのラゲッジルームを確認しておきましょう。広さの詳細は次の通りです。

奥行き:約920mm
最大幅:約1340mm
高さ:約680mm

荷室容量は440Lを誇り、その広さはゴルフバック4つ、Mサイズのスーツケースであれば3つを簡単に積み込めるほどです。さらに、床下には23Lのアンダーボックスを備えています。

荷室部とのしきりを活かして傘や雨具などの濡れものを入れておけば、荷室に積み込んだ荷物が濡れる心配はありません。では、実際にどんなシートアレンジがあるのか見ていきましょう。

シートを片方倒せば長物でもラクラク積載

ホンダ ジェイドのシートアレンジ

まずはリアシートの右側を倒してみました。写真の通りを見ると、奥行きがラゲッジルームの約3倍の長さは伸びたことがわかります。左右どちらを倒すかはリアシートに座る人数によって決めましょう。左側を倒すと1人、右側を倒せば2人まで座れます。

お子さんがいる方であれば、ピクニックの際に役立つシートアレンジ。リアシート片側を倒して芝生に敷く大きめのマットを丸めて積み込み、ラゲッジルームにはお弁当を入れるとすっきり収納できます。

レジャーでも大活躍

ホンダ ジェイドのシートアレンジ

次は、左右のどちらも倒してみました。前輪の外せば自転車を2台は積み込むことができる広さです。奥行きは1mを超えるため、家具や家電などの大きなものを運ぶのにも役立ちます。

ただ、フルフラットにはならず10cmほどの段差が生じます。もしフルフラットにする必要があるならば、タオルなどで隙間を埋めると良いでしょう。また、足を伸ばして休みたいと思った時には、リアシートはそのままに、フロントシート(前席)をヘッドレストの外れた状態で倒してみましょう。

そうすると、リアシートとフロントシートがフラットに繋がる空間が作れます。2列シート5人乗りの新仕様は普段の買い物から休日のレジャー、車中泊まで、その多彩なシートアレンジで幅広く対応できることがわかります。

次ページ
3列シート6人乗り仕様のシートアレンジは?