トヨタ クラウンの歴史を初代から15代目まで振り返る

2018年に登場した、15代目となるトヨタ クラウン。トヨタのラインアップの中でも長い歴史を誇るクラウンですが、15代目となるクラウンには走りやスタイリングなどにこだわることはもちろん、コネクティッドカーとしての要素も取り入れ、トヨタの一役を担う上で重要なクルマとして登場しました。

クラウンは新しい時代のクルマとしてどんな進化が遂げられているのでしょうか。今回は、トヨタ クラウンの歴史をひも解いていきます。

文・鈴木 ケンイチ/写真・黒田 明

Chapter
15代目クラウンを徹底解説!~ブランドの価値となる積み上げたヘリテージを振り返る~
日本初の純国産の本格乗用車と認められた初代クラウン
本格乗用車から日本を代表する高級車へ
大きく変わった5代目クラウン
レクサスとは異なる独自路線を歩み~9代目クラウンの登場~
10代目クラウンの登場
11代目クラウンの登場
2000年代の基礎となったゼロクラウン~12代目クラウンの登場~
ハイブリッドモデルが話題になった13代目クラウンの登場
14代目クラウンの登場

15代目クラウンを徹底解説!~ブランドの価値となる積み上げたヘリテージを振り返る~

トヨタ クラウン RS 黒田明

トヨタブランドのトップモデルとして君臨するクラウン。2018年6月に登場した現行モデルは、なんと15世代目。トヨタの中でも特別に長く続くモデルです。そして、その歴史こそがクラウンを特別な存在にする理由にもなっています。どんなブランドにも、その背景にはストーリーがあるもの。クラウンのストーリーを振り返ってみます。

日本初の純国産の本格乗用車と認められた初代クラウン

初代 トヨペット クラウン

初代クラウンの誕生は、今から64年前となる1955年。当時の日本は、まだ戦後の雰囲気がたっぷり残っているという状況です。自動車産業は未熟で、外国車に対して性能だけでなく価格面でも劣っていたため、「国産自動車工業不要論」が主張されるほど厳しい状況でした。

そのために、日本の自動車メーカーの多くは、海外メーカーと提携を行い、海外メーカーの日本生産、いわゆるノックダウンを行っていました。日産は英国のオースチンとの提携、三菱重工が米国のカイザーフレーザー、いすゞ自動車が英国ヒルマン、日野ヂーゼル工業(現在の日野自動車)が仏国ルノーといった具合です。

初代 トヨペット クラウン

そうした中、トヨタは純国産路線を選択しました。当時としては、非常にリスキーな選択です。技術の進んだ外国メーカーのクルマと同等の性能や価格を実現できなければ、自動車メーカーとしての存続も危ぶまれたはず。しかし、そんな不安視された中、1955年1月に登場したトヨペット クラウンは大成功を納めます。

「豪華」「国際水準」と評価され、日本初の本格乗用車と認められたのです。また当時、クルマを購入する個人は少なく、販売先のメインはタクシー会社でした。そのためトヨペット クラウンも、個人向けのトヨペット クラウンRS型と、タクシー会社向けのトヨペットマスターRR型の2モデルが用意されていました。

タクシーで使うのに便利だという理由から、後席のドアが後ろ向きに開く、いわゆる“観音開き”のドアがされていました。

本格乗用車から日本を代表する高級車へ

トヨペット クラウン 1963

成功した初代から7年後の1962年に第2世代のクラウンが誕生します。モダンになった2代目モデルには日本乗用車としては初のV8エンジンを搭載したクラウンエイトを追加し、高級路線へ歩み始めます。

3代目クラウン

1967年の3代目モデルも高級感を強調し、“白いクラウン”というキャッチフレーズでオーナーカーの色合いを強めました。また、このモデルには2ドアハードトップを追加し、プレステージスペシャリティの先駆けとなります。

トヨタ クラウン 4代目

そして、1971年には「くじら」の愛称でおなじみの4代目モデルが登場。水平基調ではなく、なだらかな曲面で構成されたスピンドルシェイプ(紡錘型)のボディが採用されていたのです。もちろん、当時としては非常に斬新なデザインでした。

大きく変わった5代目クラウン

5代目クラウン

1974年に登場した5代目は一転、ボクシーなスタイルとなり、優雅さと高級感が強調されていました。世界初のオーバードライブ付き4速ATを採用するなど、挑戦的な技術も盛んに採用され、好調なセールスも記録されています。

6代目クラウン

1979年に登場した6代目モデルは、先代の路線を踏襲した端正なスタイルで人気を維持。1980年には当時としては最新技術となるターボエンジン車を追加しています。

トヨタ クラウン 1986

今も伝わる「いつかはクラウン」という名キャッチフレーズで世に送り出されたのが、1983年誕生の7代目モデルです。エッジの効いた直線基調のエクステリアは、スタイリッシュさと高級感が絶妙にバランスされており、高級パーソナルセダンの象徴として、さらに人気を高めました。

8代目クラウン

そして1987年にはスタイリッシュさをさらに磨き込んだ8代目が登場。好景気のバブル期の中、1990年に累計販売台数300万台を突破します。

レクサスとは異なる独自路線を歩み~9代目クラウンの登場~

9代目クラウン

1989年にはクラウンにとって、見逃せない新型車が登場します。それがレクサス LS(日本での発売名はセルシオ)です。4L V8エンジンを搭載したレクサス LSは、クラウンよりも大きなクルマでした。

そこで1991年に登場した9代目クラウンは、セルシオに迫るサイズの上級モデル、クラウン マジェスタを用意。「日本のプレステージサルーン」を謳います。レクサス LSの主戦場が海外市場に対し、トヨタ クラウンは日本市場を重視した高級車として続いていくことが宣言されたのです。

10代目クラウンの登場

10代目クラウン

そして1995年に10代目モデルが登場。これまで伝統的に採用されていたフレーム構造のボディが見直されました。マジェスタとクラウンはプラットフォームを共用し、フルモノコックボディが採用、伝統を重視した重厚なイメージのクルマでした。

11代目クラウンの登場

トヨタ クラウン

1999年に登場した11代目は、スポーティーグレードとなるアスリートを追加したのが特徴でしょう。スタンダードなクラウンに対し、スポーティーなアスリート、より高級なマジェスタという3グレード構成に。2001年にはマイルドハイブリッド車が追加されたのもトピックのひとつです。

2000年代の基礎となったゼロクラウン~12代目クラウンの登場~

12代目クラウン

2003年に通称“ゼロクラウン”と呼ばれる12代目モデルが誕生します。名前のとおりに「ゼロから開発された」ということでプラットフォームが一新。走りのレベルが一気に高まったのが特徴です。しかもこのプラットフォームは改良が続けられ、先代となる14代目にまで使用されるほどの出来の良いものでした。

ハイブリッドモデルが話題になった13代目クラウンの登場

13代目クラウン

2008年には先代モデルを正常進化させた13代目モデルが登場。本格的なハイブリッドモデルを追加したのが話題となりました。

14代目クラウンの登場

14代目 トヨタ クラウン

2012年に登場した14代目モデルは、そのルックスに注目が集まりました。非常に大胆なデザインのグリルは、今となっては違和感がないかもしれませんが、デビュー直後は賛否両論で大きな話題となったのです。

また、ショッキングなピンク色のクラウンが用意されたのも驚きのひとつ。振り返ってみれば、挑戦はクラウンの歴史そのもの。大胆なことはクラウンとしては、当然のことだったのではないでしょうか。

鈴木 ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木 ケンイチ