ホンダ N-BOX(エヌボックス)の長所(メリット)は?

ホンダ N-BOXは、2019年上半期時点で22ヶ月連続新車販売台数第1位に輝くベストセラーカーです。トップを走り続ける理由は果たしてどんなものなのでしょうか。今回はN-BOXの3つの長所を紹介します。

文・PBKK

Chapter
広く自由度の高い車内空間
軽自動車とは思えない力強い走り
力強い走りに加えて低燃費も同時に実現!

広く自由度の高い車内空間

N-BOXの車内

創業者である本田宗一郎の「メカは小さく、人のための空間は大きく」の思いを実現した。広く、そして自由度の高い車内空間が1つ目の強みです。

N-BOXの数値は次の通りです。
・長さ 224cm
・幅  135cm
・高さ 140cm

毎年首位を争うダイハツ タントよりも大きい数値となっています。どのようにしてこの広さが実現したのか。その秘密はHondaの特許技術「センタータンクレイアウト」にあります。

燃料タンクは通常、後席や荷室の下に配されるのが多く、その分座席が高くなってしまいます。センタータンクレイアウトでは、燃料タンクを前席下に置くことで更なる広さの確保に成功しました。

車内にはもう一つ「自由度の高いシートアレンジ」という強みがあります。後部座席は19cm、助手席(スーパースライドシート仕様の場合)は57cm前後に可動します。買い物やお出かけの荷物の量に合わせた荷室のアレンジ、助手席に座りながら後席にいるお子さんのお世話が可能です。

さらに、後席はチップアップ&ダイブダウン機構を備えており、ユーティリティー・ モード/ロング・モード/トール・モード/リフレッシュ・モードと変幻自在なアレンジができます。

次ページ
軽自動車とは思えない力強い走り