バンとワゴン、ミニバンとステーションワゴン、なにが違うの?

トヨタ ハイエース バン

空間効率を重視するボディタイプといえば、乗用のワゴン、ミニバン、ステーションワゴン、貨物のバンです。たとえば、日産 ラフェスタはミニバンですが、同じ日産のウイングロードはワゴン、ホンダ シャトルはステーションワゴン。ハイエースには、ワゴンとバンが存在します。自動車に詳しくないと、その違いはわからないでしょう。それぞれ詳しく見ていきましょう。

Chapter
バンとワゴンは大区分、ミニバンとステーションワゴンは小区分
バンは貨物車
ワゴンは乗用車
ステーションワゴンは大地主の象徴
ミニバンのバンは日本のバンじゃない!

バンとワゴンは大区分、ミニバンとステーションワゴンは小区分

まず概要として、頭に入れておきたいのは、自動車の用途としてはバンとワゴンが大きな区分を形成していることです。ミニバンとステーションワゴンは、ワゴンに属します。ではバンとワゴンの違いからみていきましょう。

バンは貨物車

日本でバンと言えば、貨物積載用車両を意味します。ハイエースバンやキャバンなどがすぐに思い浮かびますね。他にも、プロボックス/サクシードのようなライトバン、貨物用のコースターのような大型バンも存在します。

バンは貨物用途を主体とするため、後席は簡便に折りたたみ可能で補助的なもの、と道路運送車両法で規定されています。また荷物を積載しても、車体が沈み込まないようにするため、リアサスペンションは乗用車用と比較すると、遥かに強靭なリジッド式サスペンションが多く採用されています。

<次のページに続く>
次ページ
ワゴンは乗用車