メルセデス・ベンツ 4代目Aクラスの6つのグレードをAMGも含めて徹底比較!

メルセデス・ベンツのなかでもっともコンパクトなボディーの車種として、メルセデス・ベンツ Aクラスは1997年にデビューしました。

現在は2018年にフルモデルチェンジしたメルセデス・ベンツ 4代目Aクラスとなり、ハッチバック(177984/177912/177051M/177054M型)とセダン(177184/177112/177147M/177151M型)の2種類のボディータイプがラインナップされています。

今回は、そんな4代目Aクラスのグレードを紹介していきます。

Chapter
メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A180【価格:363万円〜】
メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A180 Style【価格:406万円〜】
メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A200d【価格:436万円〜】
メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A250 4MATIC【価格:516万円】
メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A35 4MATIC【価格:634万円〜】
メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A45S 4MATIC+【価格:798万円】

メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A180【価格:363万円〜】

「A180」はメルセデス・ベンツ 4代目Aクラスのエントリーグレードにあたり、ハッチバックとセダンの2タイプが設定されています。

エンジンはターボチャージャーを装着した1.3L 直列4気筒のM282を搭載し、最高出力100kW(136PS)/5,500rpm、最大トルク200Nm(20.4kgm)/1,460〜4,000rpmを発生

駆動方式はFF(前輪駆動)となり、燃費性能は実際の走行状況に近いWLTCモードでハッチバックは15.2km/L、セダンは15.4km/Lを誇り、小さな排気量にターボチャージャーを装着し、環境性能や燃費性能を向上させたダウンサイジングターボとなっています。

また、エントリーグレードではあるものの基本的な装備は充実し、アダプティブ・クルーズ・コントロールや歩行者の飛び出し検知機能付きアクティブブレーキアシストなどを備えたレーダーセーフティパッケージを標準装備。エクステリア(外装)ではポジショニングライト、ウィンカー、リヤコンビネーションランプがLED化されています。

「A180」はAクラスのエントリーグレードであるとともにメルセデス・ベンツのエントリーモデルであり、その顔として高い質感を備えた1台となっています。

価格はハッチバックが363万円、セダンが373万円と、セダンの方が10万円高い値段設定となっています。

メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A180 Style【価格:406万円〜】

「A180 Style」は、「A180」の上位グレードに位置づけられたモデルで、エンジンや燃費などのスペックは「A180」と変わりませんが、快適装備は大幅にグレードアップされています。

安全装備では付近の障害物を検知するパークトロニックや、誤発進抑制機能であるドライブアウェイアシストが新たに標準装備され、インテリア(内装)ではフロントシート(前席)がメモリー機能付きフルパワーシート化。シートヒーター、電動ランバーサポートも装備されています。

また、7インチコクピットディスプレイは10.25インチの大型ディスプレイに変更され、助手席ドアミラーにはリバース時に見えづらい左後方の足元にチルトするリバースポジション機能も盛り込まれています。

さらに、「A180 Style」にはエクステリアやインテリアの質感を高めたオプションパッケージ「AMGライン」が設定。

フロントやリヤバンパーにスポイラーやスカートが追加されているほか、フロントにはメルセデス・ベンツのロゴ付きブレーキキャリパー、インテリアには本革巻きマルチがんクションスポーツステアリングにレッドステッチ入レザーDINAMICAシートが奢られるなど、別グレードに変貌するような魅力的なオプションとなっています。

価格はハッチバックが406万円、セダンが416万円で、「AMGライン」を選ぶ場合はそれぞれ26万3,000円アップとなります。

メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A200d【価格:436万円〜】

「A200d」は、メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス唯一のディーゼルエンジンモデルとなります。

エンジンはターボチャージャー付き2L 直列4気筒のOM654q型を搭載し、最高出力110kW(150PS)/3,400〜4,400rpm、最大トルク320Nm(32.6kgm)/1,400〜3,200rpmを発生。燃費はWLTCモードでハッチバック・セダンともに19.2km/Lを達成するなど、ガソリンエンジンの「A180」よりも優れた数値を誇っています。

各種装備は「A180 Style」と同等で高い快適性を備え、スタイリッシュなエクステリアと質感の高いインテリアを含むオプションパッケージ「AMGライン」も設定されています。

価格の低い軽油を燃料とし、ガソリンエンジンモデルよりも優れた燃費性能を持ちつつ、豊富なオプションをラインナップする「A200d」は、「A180」や「A180 Style」の上級グレードとも言える1台となっています。

そのため価格は「A180 Style」よりも30万円高く設定され、ハッチバックが436万円、セダンが446万円となっています。

メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A250 4MATIC【価格:516万円】

「A250 4MATIC」はセダンにのみ設定されている4WD(4輪駆動)グレードです。

エンジンは同じガソリンエンジンモデルの「A180」や「A180 Style」から排気量を拡大した2L 直列4気筒のM260型を搭載し、最高出力165kW(224PS)/5,500rpm、最大トルク350Nm(35,7kgm)/1,800〜4,000rpmを発生。

下位グレードではリヤサスペンションにシンプルな「トーションビーム式」を採用していますが、乗り心地や路面追従性に優れた「マルチリンク式」に変更され、それに伴いホイールも大径の17インチを装着するなど、大きく手を加えられています。

さらに「A180 Style」と同等の快適装備を備えていることから、同グレードの上位互換的位置づけともなっています。

また、メルセデス・ベンツ独自の4WDシステムである4MATICはクラスに応じたセッティングが施され、Aクラスでは通常フロントタイヤ(前輪)のみが駆動していますが、スリップを感知するとリヤタイヤ(後輪)に適切な駆動力を配分する可変式4WDとも言えるシステムとなっています。

価格は516万円で、「A180 Style」のセダンタイプに比べて70万円高くなっています。

メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A35 4MATIC【価格:634万円〜】

「A35 4MATIC」は、メルセデス・ベンツのハイパフォーマンスブランド「AMG」によるチューニングが施されたグレードです。

通常モデルに比べて動力性能が大幅に強化され、エンジンは2L 直列4気筒のM260型を搭載。最高出力225kW(306PS)/5,800〜6,100rpm、最大トルク400Nm(40.8kgm)/3,000〜4,000rpmを発生。エンジン型式こそ「A250 4MATIC」と同じですが、出力・トルクともに大幅に強化されていることが伺えます。

サスペンションは専用のAMGサスペンションを装着し、フロントブレーキには対向ピストンを持つブレーキキャリパーや大径ベンチレーテッドディスクブレーキを備えたAMG強化ブレーキシステムを装着。ホイールも18インチアルミホイールへサイズアップされるなど、走行性能が向上し、本格的なスポーツカーらしい仕上がりとなっています。

また、エクステリアでは専用のAMGスタイリングパッケージが奢られ、フロントにはスポイラー、サイドとリヤバンパーにはスカートが追加され、セダンにはトランクの後端にトランクリッドスポイラーリップも装着されています。一方で快適装備は「A180 Style」並に充実し、上級グレードとしても死角のない1台となっています。

そのぶん価格は上がり、ハッチバックは634万円、セダンは644万円と、エントリーグレードの「A180」と比べると271万円も高くなっています。

メルセデス・ベンツ 4代目Aクラス A45S 4MATIC+【価格:798万円】

「A45S 4MATIC+」は、メルセデス・ベンツ 4代目Aクラスの最上級グレードにあたるグレードで、ハッチバックのみに設定されているモデルです。


エンジンは2L 直列4気筒のM139型となり、最高出力310kW(421PS)/6,750rpm、最大トルク500Nm(51kgm)5,000〜5,250rpmまでアップし、排気量2Lのエンジンとしては驚異的なスペックを誇っています。

また、ボディーサイズも「A35 4MATIC」が全長4,440mm×全幅1,800mm×全高1,410mmに対し、「A45S 4MATIC+」では全長4,445mm×全幅1,850mm×全高1,410mmとなり、特に全幅は片側25mmも拡大されています。

それに合わせてホイールは大径の19インチアルミホイールが装着され、ブレーキもフロントには大型のブレーキキャリパーとベンチレーテッドディスクブレーキを装着。エクステリアにはAMGスタイリングパッケージが奢られ、さらに迫力をました外観となっています。

4代目Aクラス最強とも言える「A45S 4MATIC+」ですが、価格は798万円と800万円に迫る値段設定となり、「A35 4MATIC」のハッチバックに比べて164万円高く、「A180」では2台分以上の価格差があるクルマとなっています。

メルセデス・ベンツでは、「アルファベット」+「3桁の数字」を持つ通常グレードと、「アルファベット」+「2桁の数字」を組み合わせた2つのモデルがあり、後者はAMGによるチューニングが施されたスペシャルバージョンとも言えるグレードとなっています。

「A35 4MATIC」や「A45S 4MATIC+」もそうしたスペシャルなクルマであり、それにふさわしいパフォーマンスと価格を備えた1台となっています。

興味の湧いた方は、ぜひメルセデス・ベンツ販売店で何が違うのかを実際に確かめてみてくださいね。

※ 2020年11月現在

PBKK

東京都港区北青山に本社を置く自動車業界を専門としたクリエイティブエージェンシー。複数の自動車メディアへのコンテンツ配信をおこなうほか、
自動車メーカーなどへ向けた動画コンテンツ制作、ウェブサイト制作、デジタルマーケティング支援などを一貫して行う。

PBKK