日産 デイズルークスの多彩なシートアレンジ

デイズルークスは、2016年12月にマイナーチェンジをむかえた軽ハイトワゴンです。発売以来、幅広い世代に受け入れられ、使い勝手と車内の広さなど人気の秘訣は多岐に渡ります。シートアレンジはその秘訣の一つ。今回はデイズルークスのシートアレンジに注目しました。

文・PBKK

Chapter
シートアレンジに密接する座席の性能
仮眠から自転車の積載にまで対応
助手席が回転!?

シートアレンジに密接する座席の性能

デイズルークスの座席

まずは、シートアレンジに大きく関係する座席の性能を確認していきましょう。デイズルークスの座席の強みは、シートスライド幅とリクライニングの角度です。前席のリクライニングは90度、後席のスライド幅は26cmに及びます。

さらに、後部座席は分割可動式となり、左右それぞれでリクライニングすることができます。操作もヘッドレスト横のレバーを引くだけの簡単操作。これらの座席の機能を用いることで多彩なシートアレンジに変形できます。それでは、どのようなシートアレンジが可能なのか紹介していきます。

仮眠から自転車の積載にまで対応

デイズルークス ライダー

状況に合わせたシートアレンジを紹介していきます。

ゆったりと座席に腰掛けたい
快適に腰掛けたい時は、背もたれを倒して姿勢を楽にしシートを後ろにスライドして足元に余裕を持たせましょう。座席が左右別々に駆動するので座っているのがお母さんとお子さんでも、それぞれの体格に合わせたシートアレンジが可能です。

長旅の疲れを癒やしたい
長距離運転の際に、運転の疲れで少しだけ横になって休みたいことがあるのではないでしょうか。そんなときには、前部座席を倒して後席と繋げるフルフラットにするのがオススメ。長さ2,235mm×幅1,350mmの巨大空間に早変わりし、大人2人でも十分なスペースです。また、寝袋を使えば車中泊にも便利です。

長めの荷物を積載したい
片方の後部座席の座面を倒せば荷室から後部座席までを繋げた空間を確保し長さのある荷物を積載できます。それでは荷物が入り切らない場合は、後部座席に加えて助手席も倒しましょう。そうすることで車内の長さ2,235mmをフル活用できます。日曜大工に用いる木材や釣り竿、楽器などでも十分に積載できる長さです。

長く幅のある荷物を積み込みたい
長さに加えて幅のある大きな荷物を積み込みたい時は後席を前傾に倒すことで、27インチの自転車がそのまま入るスペースを作り出せます。後部座席のヘッドレスト横のレバーを引けば変形できる簡単操作。また、後部座席の背面に装着するラゲッジトレイがオプションとして用意され、それを付けることで汚れや濡れを軽減できます。

車内での過ごし方や積載に関わる様々なシートアレンジで、セカンドカーとしてだけではなくメインカーとしてでも十分な活躍を見せてくれそうです。

次ページ
助手席が回転!?