【東京オートサロン2020】HKSブースにはHKSのエアロパーツを纏ったGRスープラを展示!西ホール1へ!

TAS2020 HKS

チューニングパーツメーカーの雄、HKS(エッチ・ケー・エス)は東京オートサロンでGRスープラ関係のアイテムを多数展示していた。

文・写真/栗原 祥光

同社はD1グランプリにて、川畑真人選手や斎藤太吾選手のマシンにパーツを供給。そのフィードバックからくる知見は、他社の追従を許さないものであるのは言うまでもない。

今回登場展示されている車両には、給排気系とサスペンションのみを改良したというライトチューン仕様のもの。サスペンションにはTOURINGという名前が与えられていたことから、普段乗りを快適に楽しく、というコンセプトであると思われる。

同社からは参考出品として、86/BRZのドリフト仕様やスカイライン400R用、さらにNOTE NISMO S用のサスペンションといったスポーツ系車種のほか、ジムニーのリフトアップ仕様など展示。いずれも同社がこだわる単筒式サスペンションで、ラインアップの豊富さとこだわりを訴求していた。

給排気ではジムニー・シエラ用の横出しマフラーも面白いアイテム。見た目だけでなく、サウンドにもこだわっているということから、今から発売が楽しみだ。
長年日本のチューニングシーンをリードしてきたHKS(エッチ・ケー・エス)。オートサロンでチェックしてみてはいかがだろうか。

栗原 祥光|くりはら よしみつ

中央大学理工学部卒。通信機器メーカーにて回路設計をした後、長年の趣味であったオーディオへの夢を追い求めて専門雑誌の編集者へと転職。その後、一般誌の編集を経て現在フリーランスのカメラマン&ライターとして主にWeb媒体で活動する。モータースポーツのレポートや新車試乗記のほか、グルメやエンタメ系など幅広い分野で執筆中。

栗原 祥光