スズキ ワゴンRの収納機能は利便性が抜群!

1993年以来のロングセラーとなる、スズキのワゴンR。ハイトワゴンらしく収納機能も優れており、コンパクトなボディにさまざまな物を積み込んでドライブできます。今回はそんなワゴンRの収納機能についてご紹介していきます。

文・PBKK

Chapter
収納量を増やせるシートアレンジは3タイプ
低床と幅広構造により物を入れやすい設計に
小物を収納するのに困らない各種ポケットやフック

収納量を増やせるシートアレンジは3タイプ

ワゴンR

ワゴンRは、軽自動車ながら居住性の高い広々とした車内が特徴ですが、シートアレンジを加えることによって、広々とした収納スペースをつくることができます。

・後部座席を片方だけ倒し、3人乗りにして荷室スペースを増やす
・後部座席を両方倒し、2人乗りにしてかさばる大きな荷物を入れる
・後部座席2つと助手席を倒し、1人乗りにしてたくさんの荷物を入れる

以上、3タイプのシートアレンジにより、収納性は高まります。座席を倒すときも簡単にワンタッチ操作可能で、状況に応じてすぐシートアレンジ可能なのがポイントです。

低床と幅広構造により物を入れやすい設計に

ワゴンR

ワゴンRの荷室ドアを開けると、低床と幅広の荷室口が顔を出します。自転車など大きい荷物も高く持ち上げることなく楽々と積み込める上、つっかえて入らないという心配もいりません。荷室側からも軽い力でシートを畳むことが可能で、時間と手間もかからず、後席をフラットにして大容量の収納も実現できます。

このような細かいところにも気配りが利いているのも、ワゴンRが今もなお人気を獲得する理由の1つです。

次ページ
小物を収納するのに困らない各種ポケットやフック