東京モーターショー2019閉幕!130万人超え大盛況となった背景は?

11月4日、12日間にわたる自動車の祭典「東京モーターショー2019」が閉幕しました。主催者である日本自動車工業会の豊田章男会長が掲げた「100万人」という来場者目標を大幅に超える130万900人が訪れるなど、大盛況となった今回の東京モーターショーですが、前回の2017年からどのような点が変化したのでしょうか?

文・PBKK

Chapter
「クルマだけのショー」ではなくなった
東京モーターショー2017はテクノロジーショーを目指した
次回のモーターショーに向けた課題は?

「クルマだけのショー」ではなくなった

東京モーターショー 2019 press

モーターショーはその名の通り、クルマを展示することが主たる目的でした。規模感やターゲットに多少の違いはあれど、世界各国で開催されているモーターショーと名の付くイベントのほとんどは、自動車メーカーが自社の製品(=クルマ)を展示し、発表するためのイベントでした。

しかし東京モーターショー2019では、自動車工業会が「『クルマ・バイクのワクワクドキドキ』から『未来の暮らし』『未来の街』にまで領域をひろげ」と語るように、単なるクルマの展示ではないイベントとなったのです。

例えば「Out of KidZania in TMS2019」では、子ども向け職業体験型施設の「キッザニア」とコラボレーションし、カーデザイナーやメカニックなどはもちろん、災害復旧のための、遠隔操作によるショベルカーのオペレーターといったものまで、クルマに関わる様々な仕事を実際に体験できました。

東京モーターショー 2019 ドローン

また、550機のドローンと3Dサウンド、そしてライティングがシンクロする最先端の没入型ドローンショーから、本格的なローストビーフ丼などが楽しめる「グルメキングダム」のようなものまで、ありとあらゆるエンターテイメントを用いて来場者誘引を図ったのが今年の東京モーターショーでした。

次ページ
テクノロジーショーを目指した東京モーターショー2017