【TMS2019】東京モーターショーにてホンダ新型フィットを発表!

TMS2019 ホンダ フィット FIT

2019年東京モーターショーにてホンダのコンパクトカー「フィット」のフルモデルチェンジが発表されました。ホンダが新時代コンパクトカーのスタンダードモデルと称するこのモデルの注目ポイントなどを紹介していきます。

文・西川 昇吾/写真・宮越 孝政

Chapter
新型フィットの概要
新型フィットで意識された「心地よさ」
先進技術
パワーユニット
グレード
ホンダが出した新時代のコンパクトカーの答え

新型フィットの概要

フィットは2001年に初代がデビューし、今回のフルモデルチェンジで4代目となります。新型フィットは新時代コンパクトカーのスタンダードを目指すとともに、「日常生活に寄り添う心地よさ」を意識し開発されました。

新時代コンパクトカーのスタンダードを目指したというホンダの発表にあるように、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を搭載するのはもちろん、新たなハイブリットシステム「e:HEV(イーエイチイーブイ)」や、Honda車専用車載通信モジュールを搭載した国内初のホンダのコネクテッドサービス「ホンダコネクト」を採用しています。

様々な新技術や新パワーユニットの採用により、ホンダが次の世代へつなげるために力を入れて開発したのがみうけられます。

新型フィットで意識された「心地よさ」

新型フィットは発表時アナウンスされたように「日常生活に寄り添う心地よさ」を意識して開発されました。主な心地よさのテーマとなったのは以下の4つ。

心地よい視界
以前より傾斜がつき、細くなった印象をもたらすAピラーは従来と異なる断面構造を採用することにより、高い視認性と衝突時の安全性の両立を実現させています。エクステリアデザインを見ると、三角窓のようなサイドウィンドウが特徴的で、車内からワイパーが見えにくい設計となっており水平・直線基調なインパネ周りもあいまって心地いい視界を確保しています。

座り心地
シェイブされた形状のフロントシートは上級車への採用も視野に入れて新しく開発したもので、長距離ドライブでも疲れにくいのはもちろん、後部座席からの視界も確保されています。

乗り心地
新たに採用された2モーターハイブリットシステムは静かでスムーズな乗り心地を実現。通常走行時はモーターが基本となります。

使い心地
インテリアは操作系や小物入れなど日常でよく触る・使う部分をより使いやすいように設計。人の動作に自然に寄り添うような配置となっているほか、歴代フィット共通の広々とした室内空間も継承されています。

<次のページに続く>
次ページ
先進技術

西川 昇吾|にしかわ しょうご

1997年生まれ。富士スピードウェイ近隣で生まれ育ち、大学で自動車に関する学習をする傍ら、自動車ライターとしての活動を始める。過去にはコミュニティFMのモータースポーツコーナーにてレギュラー出演経験あり。「書くこと、喋ることで自動車やモータースポーツの面白さを伝える」を目標とし、様々なジャンルのライティングや企画に挑戦中。

西川 昇吾