クルマは最高何万キロまで走れるの?

自動車は使えば使うほど、どんどん消耗していきます。一体クルマは最高何万キロまで走行できるのでしょうか?

今回は車の走行距離などについて分かりやすく説明していきます。

文・PBKK

Chapter
一般的には10~15万kmが目安
メンテナンスすれば、目安以上の走行が可能

一般的には10~15万kmが目安

走行距離1

自動車買い替えのタイミングは、10~15万km当りが一つの目安となっています。自動車の寿命は、一般的にエンジンの寿命とイコールにして扱われます。

クルマの動力を作り出すエンジンは10~15万km当りで「タイミングベルト(シャフトの回転を調整する部品)」が切れたりして故障し、使えなくなると言われています。エンジンを交換すると、高い場合は100万円以上になるケースもあります。

このようにエンジンが故障するとかなり高額の費用がかかる場合があるので、クルマも寿命が来たと考えられます。ちなみに国内ドライバーの平均走行距離は1年間で1万キロほどと言われています。

単純計算だと1万キロ×10年=10万キロとなり、10年目に何かしらの故障の兆候が現れる可能性があります。「今のクルマに乗り始めて10年経過している」という方は、エンジン回りなどをチェックしておきましょう。

次ページ
メンテナンスすれば、目安以上の走行が可能