もう新型と呼べる?スズキ ハスラーコンセプトが東京モーターショー2019で初披露!

スズキが「市販を準備している」とアナウンスしたのが「ハスラーコンセプト」だ。詳しい話はないけれど、次世代の「ハスラー」そのものであるのは一目瞭然だ。

文・鈴木ケンイチ/写真・宮越孝政

TMS2019 スズキ ハスラーコンセプト
TMS2019 スズキ ハスラーコンセプト

公開されているスペックは、全長3395×全幅1475×全高1680㎜、ホイールベース2460㎜。搭載エンジンは直列3気筒のNAとターボの2種。トランスミッションはCVT。展示車の駆動方式は4WDのみであったが、量産モデルにはFFも当然、用意されることだろう。
デザイン面の特徴は、全体としてボックス感が強まっていること。フロント・フェイスの印象は旧型そのものだが、ボンネットの上面は高くなっているし、ルーフも水平に後方に伸びている。リアクオーターガラスが新たに設定されているのも特徴的だ。

TMS2019 スズキ ハスラーコンセプト
TMS2019 スズキ ハスラーコンセプト
TMS2019 スズキ ハスラーコンセプト
TMS2019 スズキ ハスラーコンセプト
TMS2019 スズキ ハスラーコンセプト

また、インテリアで特徴的なのは、メーター/センターコンソール/助手席グローブボックスの3か所がスクエアの枠のようなデザインになっている。まるで腕時計のGショックのプロテクターのようだ。旧型よりも、よりタフなギヤ感が増しているのだ。
旧型のイメージを残しつつも、よりタフさを増したデザインとなっているのが、「ハスラーコンセプト」の特徴と言えるだろう。

TMS2019 スズキ ハスラーコンセプト

鈴木ケンイチ

モータージャーナリスト。新車紹介から人物取材、メカニカルなレポートまで幅広く対応。最近は新技術や環境関係に注目。年間3~4回の海外モーターショー取材を実施。レース経験あり。毎月1回のSA/PAの食べ歩き取材を10年ほど継続中。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員 自動車技術会会員 環境社会検定試験(ECO検定)

鈴木ケンイチ