VW独自技術の「DSG」とは

VW(フォルクスワーゲン)の独自技術である「DSG」に注目が集まっています。あまり良い情報とは言えませんが、実はDSGが関連した大規模リコールが実施されました。対象は2008年4月28日から2016年3月14日に輸入された17万6068台ということで、業界に衝撃が走りました。

このフォルクスワーゲンの独自技術である「DSG」とは何なのか? 従来のATやCVT、DCTとはどのような違いがあるのかを明らかにします。

文・PBKK

Chapter
DSGとはどんな技術なの?
DSGとATやCVT・DCT との違いとは?
DSGは伝達効率に優れるトランスミッションだが…

DSGとはどんな技術なの?

VW

DSGとは変速機の一つのことを指しています。「デュアルクラッチ・トランスミッション」とも呼ばれているものであり、構造はマニュアル車で、ペダルが2つあるのも大きな特徴です。走りは、スポーティな感じであり、キレのある変速、及びフィーリングを体感できます。

走行モードを変更することでおとなしい走りから刺激的な走りへと変化させることも可能であり、注目度が高い技術でした。一方で故障についての噂が絶えない状態であり、今回のリコールの前にもDSGが原因とされる大規模なリコールが実施されています。

次ページ
DSGとATやCVT・DCT との違いとは?