暑さ対策にカーフィルムがオススメ!選び方のポイントは?

夏の炎天下に屋外に窓を閉め切って停めておいた車を開けた瞬間、その強烈な熱気にうんざりする経験は誰もがお持ちではないでしょうか。また運転中でも、夏の日差しにエアコンが負けてしまうこともあるでしょう。

特に古くなってきた車はエアコンの効きが悪いことも多く、またエアコンの性能は別にしても効率的ではありません。そんな車の灼熱感を相当に低減してくれるのがカーフィルムです。今回は暑さ対策に有効なカーフィルムの選び方をご紹介します。

文・PBKK

Chapter
数あるカーフィルムの中でも暑さ対策に特に有効なのは?
カーフィルムを貼る際の注意点

数あるカーフィルムの中でも暑さ対策に特に有効なのは?

カーフィルム ボディ

カーフィルムにもいくつも種類があり、その用途や効果が異なります。一般的にカーフィルムと聞いて思い浮かべるのは、貼ると黒い窓になったように見えるスモークガラスではないでしょうか。

実はカーフィルムにはスモークだけでなく、クリアタイプやミラータイプ、さらにはカラータイプも存在します。利用目的としては、遮熱だけでなく自分の車のカスタムや、プライバシー保護といった目的でも使用されています。

いずれの種類も現在では99%以上の紫外線をカットできているため、ほとんどのフィルムがUVカットフィルムとしての特性を持っています。中でも、暑さ対策として重要になってくるのが「赤外線カット率」です。

こたつやストーブが体を温めてくれるのもこの赤外線のおかげですが、夏の太陽から発せられる赤外線はこたつなどとは当然比べ物になりません。これを90%以上カットしてくれるカーフィルムが暑さ対策に有効です。

しかし、これだけでは実は不十分で、「遮蔽率」というのも暑さ対策に考慮しなければならないポイントです。赤外線90%以上カットと謳うカーフィルムはクリアタイプにも存在するのですが、クリアタイプは光の遮蔽率が低いです。

そのため徹底して断熱にこだわるのならば、ミラータイプやスモークタイプを選び、赤外線と可視光線の両方を遮断して効率を高めましょう。

次ページ
カーフィルムを貼る際の注意点