危険!真夏の車内に絶対に放置してはいけないもの

車内

真夏は、炎天下を歩くのがきつく、ついついエアコンの効いたクルマで移動してしまいがちですよね。それだけに、つい短時間だからと、車内にものを置いて、クルマから離れることが増えます。しかし、直射日光がきついこの季節には、車内に放置してはいけない、トラブルのもとになるものがいくつもあります。

Chapter
真夏の車内はどうなるの?
【動画】JAFユーザーテスト
真夏の車内に絶対残してはいけないもの
高温に弱いのはモノだけじゃない

真夏の車内はどうなるの?

JAFの行ったテストで、外気温が35℃の炎天下にクルマを数時間駐車した際、約30分で室内温度は45℃まで上昇。さらに放置すると、ボディカラーによっては車内温度が57℃まで上昇し、ダッシュボード上は79℃にもなったという結果が公開されています。

こういった場合、サンシェードを装着したり、窓をわずか(約3cm)に開けておいても期待するほどの効果は薄く、車内温度の上昇を防ぐことはできません。エアコンをつけっぱなしにしておけば、温度の上昇は防げますが、今度は燃料が減ったり、環境面で問題が出てきます。

では、そんな高温の車内に、どんな物を放置していたら危険なのでしょうか。

【動画】JAFユーザーテスト

<次のページに続く>
次ページ
真夏の車内に絶対残してはいけないもの