ガソリンスタンドでたまに言われる水抜き剤、なんで必要なの?

ガソリンスタンドでオススメされる水抜き剤について、そもそも水が入ってしまう原因や、水抜き剤の必要性についてご紹介します。

文・PBKK

水抜き剤は必要?不必要?

給油 フリー画像

水抜き剤の必要性については意見が分かれていますが、それはガソリンタンクの種類によって水抜き剤の効果が変わるためとされています。基本的には、昔のクルマほど水抜き剤は効果を発揮する場合が多く、近年のクルマではあまり必要がないとされています。

その理由は主に2つ、昔と今のクルマの「錆への対策」と「密閉性」の違いです。

「錆への対策」とは、近年のクルマのガソリンタンクは、昔のクルマに多い錆びやすいとされる「鉄製」から、錆びにくいとされる「樹脂製」のものが増えているという点です。現在も鉄製や金属製のものもありますが、その場合は防錆処理されている場合がほとんどで、最近のクルマのガソリンタンクはほとんど錆びないとされています。

また、ガソリンタンクへ外気が入らないよう「密閉性」も、最近のクルマでは高くなっています。そもそも水分となる大元の外気が入りにくいため、水抜き剤の登場する機会は減っていきます。

調査 フリー画像

水抜き剤の必要性については意見が分かれていますが、それはガソリンタンクの種類によって水抜き剤の効果が変わるためとされています。基本的には、昔のクルマほど水抜き剤は効果を発揮する場合が多く、近年のクルマではあまり必要がないとされています。

その理由は主に2つ、昔と今のクルマの「錆への対策」と「密閉性」の違いです。

「錆への対策」とは、近年のクルマのガソリンタンクは、昔のクルマに多い錆びやすいとされる「鉄製」から、錆びにくいとされる「樹脂製」のものが増えているという点です。現在も鉄製や金属製のものもありますが、その場合は防錆処理されている場合がほとんどで、最近のクルマのガソリンタンクはほとんど錆びないとされています。

また、ガソリンタンクへ外気が入らないよう「密閉性」も、最近のクルマでは高くなっています。そもそも水分となる大元の外気が入りにくいため、水抜き剤の登場する機会は減っていきます。