クルマのフェンダーとはどこの場所を指すの?

クルマの中でも一般的に角にあるフェンダーは、ホイールやバンパーなどと共に擦りやすい場所といえるだろう。そもそもフェンダーはどこにあるのか、だいたいの交換や修理費用まで紹介しよう。

文・塚田 勝弘

Chapter
タイヤ&ホイールを覆う外板パーツ
車種やボディカラー、キズや凹みの状態などでかなり異なる

タイヤ&ホイールを覆う外板パーツ

フェンダーミラー

クルマのフェンダーは、前後タイヤを覆っている外板パーツで、バンパーと共にぶつけたり、擦ったりしやすく、樹脂やスチール製が一般的。しかし、ハイテン材(高張力鋼板)やアルミ製にすることで、軽量化を図り、燃費やハンドリングを向上させる策を取っている車種もある。

また、オーバーフェンダーやブリスターフェンダーなどもタイヤとホイールを覆い、ボディからタイヤがはみ出すのを防ぎ、スポーツカーやSUVなどは、ボディ下半分を力強く見せるデザイン上の役割も担っている。

場所的にも縁石などの障害物にぶつけたり、擦ったりしやすいフェンダー。フェンダーだけならいいが、バンパーも凹ましたり、擦ったりするケースもあるだろう。逆に、バンパーに当たったのにフェンダーにも歪みが出るなどのケースもあるそうです。

何せフェンダーとバンパーは隣り合っているのが一般的だから、両方いってしまう場合も多い。そうなると、下記に掲載した交換、もしくは補修費用(相場)が倍になってしまう可能性もある。

車種やボディカラー、キズや凹みの状態などでかなり異なる

フェンダーアーチモール

運良くフェンダーだけのキズ、凹みになった場合、交換費用は車種とキズなどの状態により大きく異なるはずだが、最低でも5万円、場合によっては20万円級ということもあるかもしれない。

交換よりも安くすむ補修、修理費用は、大手カー用品販売店のホームページによると、3万円〜6万円程度で、もちろん車種やボディカラー、キズの大きさや数、凹みの状態により大きく変わってくるようだ。

また、全国チェーンの修理専門店の場合、こちらも車種やキズなどの状態により異なるが、2万円台から6万円台くらいと掲載されている。

事故 液漏れ

多彩なカー用品を使って自分で補修(DIY)する手もある。キズの程度によっては修復した所と、修復していない所の差を抑えることも可能だろうが、素人ではなかなか難しい。まずは、見積もりを依頼してからプロに頼むのが無難かもしれない。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ

自動車雑誌、モノ系雑誌の新車担当編集者を約10年務めた後に独立し、フリーランスライターとしても10年が経過。自動車雑誌、ライフスタイル雑誌、Web媒体などで新車試乗記事やカーナビ、カーエレクトロニクスなどの展開している。

塚田 勝弘|つかだ かつひろ