最近話題の車中泊におすすめの車とは?

キャンプ人気や車中泊スポットの整備により、話題となっている車中泊。車中泊を快適に過ごすことができる、おすすめの車を3つ紹介します。

文・PBKK

Chapter
1.スズキ ハスラー
2.ダイハツ ウェイク
3.ホンダ フリード+
車中泊をするなら「フルフラット」が肝!

1.スズキ ハスラー

2019 ハスラー

スズキ ハスラーは、軽自動車ながらシートアレンジが多彩で、広いラゲッジルームがある車です。前席の背もたれを後方いっぱいに倒すことで、フルフラットにできるので、足を伸ばしてくつろぐことができます。

また、大径タイヤと180㎜の最低地上高を確保することで、雪道やわだちなどの起伏がある路面でも余裕のある走行が可能です。

ハスラーは装着アクセサリーに「カーテン&タープキット」を用意しています。このカーテン&タープキットを装着することで、簡易テントとして使える他、着替えをするスペースとして活用できます。

2.ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイク

ダイハツ ウェイクは、「ハイトワゴン」と呼ばれる高さのある車です。1,455㎜という室内高でありながら、365㎜という乗車フロア高により、乗り降りが楽になるだけではなく、広い室内空間を実感することができます。

荷室高は1,140㎜あり、荷室フロア高は595㎜と、背の高い荷物も楽に積み降ろしすることが可能です。

シートアレンジでは、助手席を倒した「テーブルモード」や、リアシートを前方に倒した「フルフラットモード」、前席の背もたれを後方に倒した「ロングソファーモード」などを用意。室内長が2,215㎜あるウェイクは、ロングソファーモードでも成人男性が足を伸ばしてくつろぐことができます。

3.ホンダ フリード+

ホンダ フリード+

ホンダ フリードのバージョンモデルであるフリード+は、2列5人乗りのハイトワゴンです。フリードはシートがフルフラットになりませんが、フリード+は付属のラゲッジボードを繋げることにより、フルフラットの「おやすみモード」にアレンジができます。

「おやすみモード」では、大人2人が余裕で寝れるほどのスペースが生まれるので、狭さを感じずに快適に過ごせます。

そして、ラゲッジルームはボードによって上下で分割されており、シートをフルフラットにしても下部のラゲッジルームに荷物が置けます。そのため、荷物によって就寝スペースが狭くなるという心配がありません。

車中泊をするなら「フルフラット」が肝!

キャンプ

車での車中泊をする場合には、今回紹介した3車種のようにシートがフルフラットになる車がおすすめです。シートがフルフラットになることで、車内でも足を伸ばしてゆっくりと休むことができます。

車種によっては、リアシートの側面を倒してフルフラットにすることがあるので、クッション性のあるマットなどを車に装備しておくといいでしょう。