【先代よりも質感がアップ!】トヨタ86 KOUKI の内装画像レビュー

トヨタ 86 KOUKI 2016

トヨタとスバルで共同開発されている人気FRスポーツカーの86(ハチロク)が、ビッグマイナーチェンジ。今回のマイナーチェンジでアルミホイールのデザインが変更されるなど外装・エクステリアのデザインが大幅に進化。また、86(ハチロク)の内装・インテリアのデザインも大幅に進化。よりドライビングに没頭できるデザインを目指したこのモデルの内装・インテリアは、見た目だけでは無く使い勝手もかなり良くなっているように実際に見て感じました。この86(ハチロク)の内装・インテリアは、どうだったのか?インパネからシートデザインまでこの新型モデルの内装・インテリアを徹底的に紹介していきたいと思います。

2016/8/29

Chapter
86の内装レビュー1:インパネ編
86の内装レビュー2:メーター編
86の内装レビュー3:シート編
フロントシートの座り心地はどうだった?
後部座席のスペースは最小限

86の内装レビュー1:インパネ編

86(ハチロク)の内装・インパネは、このようなデザインになっています。


今回私が見る事ができたグレードは、中間グレードのGTグレード。そして、内装色はブラックでした。

86(ハチロク)の内装・インパネのデザインは、先代モデルと基本的には同じ水平基調のデザインを採用。しかし、私が見たGTグレードはメーターバイザー部分に合皮を使用するなど先代モデルよりも質感が格段にアップしたように感じました。

また、86(ハチロク)の内装・インパネに採用されている各パーツは、このようなデザインになっていました。

■助手席側のインパネ

■エアコンコントローラー

■ハンドル

■エンジンスタータースイッチ

■サイドレジスター(送風口)

■グローブボックス

■ドア内側パネル

■アクセル&ブレーキペダル

今回私が見た86(ハチロク)の中間グレードのGTグレードでは、スポーツアルミペダルが標準装備されるなど、スポーティーなデザインに・・・。

質感が高くなったこの新型モデルの内装・インパンは、先代モデルよりも格段に良くなったように感じました。

注目の装備1:シフトレバー

また、今回私が見たのはマニュアル車だったのですが、このモデルのシフトレバーは、このようなデザインになっていました。

このモデルのシフトレバーは、ステアリングから自然に手が届きやすい位置にあり、使い勝手は良好。シフトチェンジをした時のカチカチっと
はまっていくフィーリングが好印象でした。

また、今回新しく発売された86(ハチロク)のシフトレバーは、基本的には先代モデルと同じデザインを採用。

若干スイッチ類のデザイン・名称の変更はありましたが、使い勝手の良いシフトレバーは、とても良いと思いました。

86の内装レビュー2:メーター編

また、今回ビッグマイナーチェンジをした86(ハチロク)は、メーターのデザインも新しくなりました。86(ハチロク)のメーターは、このようなデザインを採用。


そして、エンジンを立ち上げるとこのような感じ。

赤く発光するタコメーターとスピードメーターの針がオシャレで良いですよね。そして、先代モデルと同様にメーターの中央にはタコメーターを採用。

左側には時速260km/hまで表示できるスピードメーターを採用。

そして、先代モデルと異なるのはメーターの右側。

先代モデルはメーターの右側はガソリンタンクの残量計だったのに対し、86(ハチロク)は、4.2インチサイズのマルチインフォメーションディスプレイを採用。

平均燃費や航続可能距離の基本的な情報だけでは無く、86(ハチロク)のマルチインフォメーションディスプレイは、車両にかかるG(重力加速度)や水温、油圧、電圧の3連メーターなどこのクルマならではの情報も表示。


スポーツ走行やサーキット走行時にも役に立ちそうな86(ハチロク)のマルチインフォメーションディスプレイは、とても良いと思いました。

ちなみに、この大型サイズのマルチインフォメーションディスプレイは、GTとGTリミテッドのみ標準装備。ベーシックモデルのGグレードでは、装備されないので、ご注意を・・・。


<次のページに続く>
次ページ
86の内装レビュー3:シート編