名車スカイラインの生みの親「桜井 眞一郎」氏はどんな人物なのか!?

日産 スカイライン 初代

1957年4月、国内トップクラスのエンジン性能と、頑丈なボディに凝った足まわりを纏った「プリンス・スカイライン」が発表されました。このクルマに大きく携わり、初代から続く長い歴史をもつスカイラインの生みの親とされる人物が「桜井眞一郎」です。今回は、戦後日本の大衆車文化の中で、スカイラインを生み出した桜井眞一郎についてご紹介していきます。

文・赤井福

Chapter
桜井眞一郎がスカイラインと出会うまで
移動手段のクルマからハイパフォーマンスへ
「人に語りかけるクルマ」とは?

桜井眞一郎がスカイラインと出会うまで

横浜国立大学を卒業後、自動車に携わる仕事をしたかった桜井は、22歳で建設会社へ就職します。そこで彼は、日本初のコンクリートミキサー車開発に携わりますが、クルマへの情熱が捨てきれず、わずか1年でプリンス自動車(現:日産自動車)へ転職しました。

極貧会社であったプリンスの中でも、既存車の改良に精を出し、その後、初代スカイラインに車両設計として携わります。2代目からは開発主管として、7代目の開発まで20年以上、スカイラインに携わり続けます。

仲間から「鬼」と呼ばれていた桜井は、部下にも厳しかったようです。一番弟子であり、後任としてスカイラインの開発責任者となった伊藤修令は、設計図面に対して「誰もが分かりやすいように、魂を入れて線を引け」と口うるさく言われたと語っています。

移動手段のクルマからハイパフォーマンスへ

1950年代後半の日本は、クルマ文化の創世記でした。国産車メーカー各社が、多くの人にクルマに乗ってもらえる社会を目指して、研究開発をしてきました。当時、国産車は輸入車と比べて、デザイン・性能のどちらをとってもアメリカ車に全く歯が立たず、安いだけが取り柄という状況でした。

その中で1957年に産声を上げたのがスカイラインです。当時は、移動の手段でしかなかったクルマを、ハイパフォーマンスモデルとして売り出すことは新しいことでした。

桜井眞一郎の「私はクルマからの情報が多く、おしゃべりなクルマが好きなんです」という素敵な言葉があります。この信念が、クルマづくりの根幹となり、日本のモータリゼーションの進化につながったのです。

<次のページに続く>
次ページ
「人に語りかけるクルマ」とは?

赤井 福|あかい ふく

大学卒業後、金融業に従事。その後、6年間レクサスの営業マンとして自動車販売の現場に従事する。若者のクルマ離れを危惧し、ライターとしてクルマの楽しさを伝え、ネット上での情報発信を行っている。

赤井 福