いまさら聞けない?R32スカイライン…GTSとGT-Rの違いとは?

ある日、電車の中で大学生と思しき若者グループがクルマの話に興じていたのが耳に入ってきました。会話の内容はどうやらあの「スカイライン」のよう。彼らのような若い世代でも、スカイライン、特にR32型は絶大な知名度のようで、かなり浸透しているんだなあ…なんて感心してしまいました。しかし、どうも彼らは、GTSとGT-Rの区別がちゃんとついていないようです。四駆らしいよ…とか、ツインターボらしい…といった具合。まあ、彼らの生まれる前のことですから、仕方のない面もあります。今回は、R32スカイラインについて、焦点を当ててみましょう。

Chapter
そもそも32スカイラインの魅力って?
ではそのGT-Rとはどんなクルマ?
やっぱり存在したGT-R「仕様」
気骨のある車だったR32型スカイライン

そもそも32スカイラインの魅力って?

スカイライン GT-R

スカイラインといえばR32、というクルマ好きも多いのではないでしょうか。

かくいう筆者もこれまでで一番印象に残っているスカイラインが、R32型です。他の何にも似ていない、「スカイライン」というキャラクターを凝縮したような佇まいは、見ているだけでただならぬ迫力を感じたものです。その魅力、人を惹きつける力の源泉とはどんなところにあるのでしょうか。

スカイラインというクルマ、初志貫徹のようにも見えますが、実はメーカーの事情やマーケットからの要望に左右されて、いろいろあったクルマなんです。ハコスカ~ケンメリの時や、R30からR31への変貌ぶりも同じクルマとは思えないくらいの違いがあったものです。

しかし、長年スカイラインに携わってきた伊藤修令氏が、開発主管を務めた(7代目の終盤からスカイラインの開発主管に就任)ことで、「スカイライン本来の姿とはどんなものなのか」という疑問にR32型で応えることになります。

スポーツセダン、スポーツクーペとは、小ぶりで軽量、シャープな印象があること。伝統の直列6気筒エンジンは、スムーズで力強い走りを実現すること。足回りやブレーキは、性能に見合ったものを十全に整えること。それを徹底追及し、大幅なダイエットと軽量化、またエンジン、トランスミッションの改良、4輪マルチリンク式サスペンションの導入など、妥協の極めて少ない、純度の高いスポーツカーとしてR32型スカイラインは人気を博します。

その旗頭となったのが、長年待ち望まれてきた「GT-R」の復活でした。

次ページ
ではそのGT-Rとはどんなクルマ?