マツダ好きなら知っておきたい!マツダの赤が特別な理由とは?

マツダ CX-5

マツダ車の色と言えば「赤」。アクセラ、デミオ、そしてロードスターなど多くの車のボディが赤色に染め上げられています。

そして、このマツダの赤が他のメーカーの赤とは違う色に感じている人がいるのではないでしょうか?

独特の光沢感と強烈な鮮やかさが美しいマツダの赤には開発者のこだわりが詰まっています。

Chapter
特別な赤「ソウルレッド・プレミアム・メタリック」
13層の赤!?
コンセプトカーの塗装は見た目重視
市販化に向けて問題が山積み
魂動デザインとソウルレッドの関係
ソウルレッド実現のための2つの試み

特別な赤「ソウルレッド・プレミアム・メタリック」

マツダ独特の赤は「ソウルレッド・プレミアム・メタリック(以下ソウルレッド)」と呼ばれています。この赤色が表現できるのは、10年強に渡るマツダの塗装技術の蓄積のおかげです。公式にマツダのソウルレッドがデビューを果たしたのは2013年の東京モーターショーのこと。

13層の赤!?

モーターショーで出展の目玉となるコンセプトカー。各メーカーの未来を感じることができるワクワクするようなモデルです。コンセプトカーが独特の雰囲気を放つのは、もちろんそのデザインゆえですが、塗装にも理由があります。コンセプトカーの塗装は市販車と異なり、職人が色を何層も塗り重ねるような特別な手法で行われています。

ソウルレッドもコンセプトカーの塗装としてお披露目されました。色の層は何と13層!とても市販車では実現できない手の込み具合です。

<次のページに続く>
次ページ
コンセプトカーの塗装は見た目重視