BMW、新型BMW 7シリーズを発売

新型BMW 7シリーズの販売を6月24日より開始

BMW

BMWジャパンは、新型BMW 7シリーズを全国のBMW正規ディーラーにて、6月24日より販売を開始しました。より上質なデザインに仕上げ、高性能3眼カメラを含む最先端の運転支援システムを搭載しています。BMW 7シリーズは、存在感あるボディーに、カーボンコアなど走行性能を高める技術を採用することで、ラグジュアリークラス屈指の「ドラビングラグシュアリーセダン」として高い評価を獲得しているクルマです。

エクステリア

BMW

今回の新型モデルでは、更にラグジュアリー性と存在感を高めるべく、デザインを刷新。特に特徴的なポイントが、約40%大型化したキドニーグリルの採用です。キドニーグリルと連結するようにフロントライトを装備することで、より存在感あるデザインに生まれ変わりました。

リアデザインは、細く水平に配置されたテールライトと、その上に装備された水平直線状のクローム加飾ガーニッシュにより、優雅な印象を際立たせています。また、サイドには、厚みを増したボンネットと、ボディー下部には水平に伸びるクローム加飾を装備。より洗練された高級感を演出しています。

50台近くのBMWコレクションが大阪の堺市に!世界に1台の名車も保管?一体なぜ?

走行性能

BMW

パワートレインには、プラグインハイブリッドモデルに新たに最高出力286PS/5,000rpm、最大トルク450Nm/1,500-3,500rpmを発揮する直列6気筒ガソリン・エンジンを搭載。新型BMW 745Le xDriveにはインテリジェント4輪駆動システム「BMW xDrive」が搭載されることで、パワフルかつ安定した走行を可能としました。

また、新型BMW 750i / 750Li xDriveは最高出力+60kW、最大トルク+100Nmを実現し、大幅に走行性能が向上しています。

未来のクルマ爆誕!BMW i3試乗レビュー!

最新テクノロジー

BMW

新しく12.3インチのディスプレイを備えた最新のフルデジタルメーターパネルが装備されると共に、AI技術を活用したBMWインテリジェントパーソナルアシスタントを搭載。より自然な音声会話だけで車両の操作や情報へのアクセスが可能となるなど、高い機能性を備えています。

さらに、BMWが国内認可取得モデルとしては初めて導入した「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載し、高速道路での渋滞時において、ドライバーの運転負荷を軽減し安全に寄与することを可能としています。

ラインナップは全19モデル設定されており、メーカー希望小売価格はBMW 740i Standardの1,090万円からとなっています。

およそ2年ぶりに復活を遂げた、新型 BMW Z4。その走りとインターフェースに迫る

関連キーワード

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事

     
アヘッド Car & Motorcycle Magagine ahead archives