クルマをイジる、楽しさ広がる。
Powered By

車のシフトノブの交換にはどのような種類があるのか?

まずシフトノブ交換の原則ですが

シフトノブ

シフトノブは市販、自作を問わずさまざまなものに交換する事ができますが、それには一つだけ原則があります。「シフトパターンの明記」がそれで、AT車の場合はシフトゲートに記載されている場合が多いのですが、MT車の場合はシフトノブの真上、またはシフトレバーの根元付近に明記されている必要があります。

基本的には明記されていれば何でも良いので、ガムテープを貼ってマジックでシフトパターンを書いても車検に通るのですが、忘れると違法改造や整備不良とみなされる事もあるので注意です。

また、シフトレバーやシフトノブを延長するパターンもありますが、その場合でもシフト操作をした時に車内の他の物や自分はもちろん、同乗者を殴ったりしないよう、注意してください。

走りのために重く、丸く

シフトノブ

スポーツカーやスポーツグレード向けにチタン削り出し、あるいはプラスチック等で球状のシフトノブに交換するパターンがありますが、これは主にシフトのしやすさを目指したシフトノブです。

スポーツ走行では何度も素早いシフト操作を繰り返しますので、持ちやすさはもちろんの事ですが、狙ったシフトゲートに素早く入れる事ができるかどうかも重要になります。
そこで球状のシフトノブを手のひらで転がすように扱うのはもちろん、ある程度の重さを持たせる事で、シフトゲートに入れる時の力を補助する役割まで考えられているんです。

車種やドライビングレイアウトによっての最適化

シフトノブ

スポーツ走行向けのシフトノブの中には、上から手のひらで包み込むようなシフトノブだけでなく、レバーを握るようにして持つタイプのものもあります。

シフトレバーの位置や、シートの前後位置などドライビングポジションによってはこうしたレバー式の方が適しているケースもあるので、スポーツ走行を目的としたシフトノブを選ぶ場合には、自分に最適なものを選びましょう。

シフトノブはそれほど高価なパーツでは無いものが多いので、何種類か使ってみて試してみるのも良いと思います。

愛車の思い出をいつまでも

シフトノブ

こうした機能性パーツとしての役割の他に、シフトノブには「愛車の思い出が詰まったパーツ」という一面もあります。愛車を走らせる中で一番手で触れていたパーツはどれかと言えば、ステアリングとシフトノブは欠かせないでしょう。

そのため、愛車を乗り換える時でも、可能な限り以前の愛車のシフトノブを使おうという人もいます。慣れない車で不安な気持ちを、手のひらから伝わるかつての愛車のぬくもりで、和らげてくれる効果もあるんです。

もし、新しい車に、スポーツタイプでも無いただの古いシフトノブをつけている人がいたら、何か事情があっての事と察してあげてください。何かいい思い出話が聞けるかもしれません。

個性的なシフトノブでドレスアップ!

シフトノブ

もちろん、単純にドレスアップ目的でのシフトノブ交換も多いにありです。

変わった形のシフトノブでも車検に通るような処理をしておけば問題無く使えますから、巨大なサイコロ型、昔ながらの有名な水中花、果ては自作で、缶コーヒーの「BOSS」の缶をシフトレバーに溶接し、「俺にはこれが一番なんだ!」という方までいます。

そのBOSS缶シフトレバー氏がそうでしたが、シフトレバーはひたすら長いのが一番と、顔の脇に来るぐらい延長している人もいますね。

上質なドレスアップも

シフトノブ

それと多いのが本革など上質な素材を使ったシフトノブです。

内装を贅沢に本革張りにしているのに、シフトレバーだけがなぜか抜けたように普通のプラスチッキーなものがついている車種もありますので、そこで本革仕立てのシフトレバーなどに交換する事で、インテリアに統一感を持たせるのもいいですね。

最近のセミATやCVTのシフトノブはちょっと味気ない

シフトノブ

シフトノブといえば、セミATやCVT、HVなど無段変速車のシフトノブが、どうも簡素なスイッチのようで味気ない感じがします。
実際にスイッチとしての機能しか持たないパーツで、指先でクイクイ動かせれば何でも良く、あまり目立ってはいけないパーツなのかもしれませんが、もう少し色気が欲しいなと思うときもありますね。

シフトレバーは走行中頻繁に手が触れるパーツでもありますので、交換する事で意外と大きく気分の変わるパーツです。もし、純正のままでしたら、何か交換してみてはいかがでしょう?

この記事をシェアする

関連する記事

最新記事